暑さと冷房で疲れている人が実践すべき食習慣

暑い時期に意外と忘れがちなのが「油」だ

外的な刺激によるストレスの多い8月。心と体に与えられたダメージを修復する、おすすめの食生活について紹介します(写真:cegli/iStock)
紫外線、汗、気温や気圧の変化、冷房などによるダメージで、心身共にダウンし、夏バテが深刻化する8月。心身共に疲れきっている中で「食欲がない」という方も多いことでしょう。この時期はどんな食生活をしたらいいのでしょうか。『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』から一部抜粋し再構成のうえそのヒントを探ります。

こんな感情はありませんか?

私たちは、日々の仕事や人間関係、家族の悩み、育児など、いろいろな問題に取り囲まれながら生きています。そのような中で、心に次のようなネガティブな感情がたまっていることがあります。

□ なんだか無性にイライラする
□ 漠然とした不安感がある
□ 気分が晴れずモヤモヤする
□ 考えがまとまらない
□ つい焦ってしまう
□ 人と会いたくない
□ すぐに傷ついてしまう

また次のように、季節ごとに感じる心の疲れはありませんか?

□ 2月は決まってイライラする
□ 7月の終わりは、焦って落ち着かない
□ 10月や11月はテンションが上がりにくい

こんな症状の数々に、自分でも疲れ切ってしまっていると感じるなら、心がバテている証拠です。心がバテているすべての方に私がお伝えしたいことは、今日、口にするものから変えていきましょう、ということ。つまり、食事です。具体的には、次の3つを意識してほしいのです。

①心を元気にしてくれる「栄養」たっぷりの食事を取ること
②心を乱す「炎症」につながる食事をやめること
③季節や自然が作用する心の不調の傾向を知っておくこと
次ページあらゆることにストレスを感じる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。