暑さと冷房で疲れている人が実践すべき食習慣 暑い時期に意外と忘れがちなのが「油」だ

拡大
縮小

そのようなことから、活性酸素の分泌が増えるこの季節、とくに8月は、オメガ6脂肪酸などの新たに炎症を起こすような食材を控え、炎症を抑えるオメガ3脂肪酸を含む食材を取り入れると、炎症体質を脱することができます。活性酸素の標的とされる「細胞膜」はオメガ3脂肪酸を材料としているからです。具体的には、神経伝達物質や赤血球、血管内皮細胞などの細胞膜の材料となり、血行を改善してくれます。

青魚はオメガ3脂肪酸を、お肉はオメガ6脂肪酸を多く含みます。今月は、肉か魚を選ぶシチュエーションでは、魚を選ぶようにしましょう。

そして、オメガ3脂肪酸は、記憶力や頭の回転にも影響します。ストレスによる活性酸素から身を守るだけではなく、発想力や企画力などが低下していると感じるときにも、意識して取るようにしましょう。

8月の体意識 暇なときに足首を回そう

暑いのに、足だけが冷えているということはないでしょうか? 体の熱は、血液によって全身に運ばれています。血行が滞っていると、心臓から遠く、重力の影響も受ける足先が冷えやすくなります。

それなのに、寝るときは、足の裏が熱くなるという人もいます。寝るときには深部体温を下げる必要があるため、抹消の血管を広げて手足から熱を放出します。しかし、どこかで足の血行が滞っていると、熱がとどまり、熱さを感じてしまいます。とくに暑い夜には、ひどく足の熱さを感じて寝苦しくなる人も多いかもしれません。

『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そこで、この時期は足首を回して、日中の足の冷えと夜中の足の熱さ対策をしましょう。暇なとき、足が冷えたとき、むくみを感じたときなどに、とにかくデスクの下で足首をくるくる回すだけです。

気候に振り回され、活性酸素がたくさん出るストレスフルなこの時期は、生活の質を1つずつ高めることを考えていきましょう。ちょっとしたことにもやる気が湧かなかったり、気持ちを穏やかに保つのが少し難しい月ではありますが、すべて「ダルいから」と何も取り組まなければ、後悔を感じてしまうかもしれません。

心と体に与えられたダメージを、日々の食事で着実に修復していきましょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT