暑さと冷房で疲れている人が実践すべき食習慣

暑い時期に意外と忘れがちなのが「油」だ

外は紫外線が強く、暑く、ジメジメした夏の気候は続きますが、帰省や、海、山へと出かける機会が増えてくる時期です。最近の暑すぎる日本の8月においては、熱中症予防は最重要課題。そのため、どこに行っても冷房が利いています。冷房がキンキンに利いた室内にいつづけることで、体の冷え症状が悪化することも。また、寝るときの空調の調整がうまくいかず、睡眠も浅くなりがちです。

お盆を過ぎたころからは、これにゲリラ豪雨や台風が増え、気圧の変化が重なります。体は汗で脱水気味になり、ミネラルが減少するため、あらゆることにストレスを感じやすくなります。また、自律神経の乱れによって胃腸が弱る一方で、紫外線による活性酸素(※)の大量発生により細胞が損傷されるため、心も体も疲れ切っている状態です。

(※)「活性酸素」が発生する本来の目的は、外敵から身を守ること。この外敵として代表的なものが、紫外線です。夏は紫外線が強くなるため、活性酸素が発生しやすくなりますが、この活性酸素が過剰に出ると、正常な細胞までも傷つけます。

7月に続き高温多湿のこの時期は、「心」と「脾」が弱りやすい時期です。いろいろ考えてしまう「脾」と、不安が募り眠れない「心」の特徴を合わせて「心脾両虚(しんぴりょうきょ)」と呼びます。心と体を動かす栄養が減っている状態です。

夏の時期は、体に生じるこれだけのストレスや炎症に対抗するために、コルチゾールの分泌が増えていきます。コルチゾールは体の「副腎皮質」というところから分泌されるホルモンの1つで、ストレスを感じると分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。これが増えると、精神的なストレスにも弱くなり、ちょっとした環境の変化や小さな出来事について考えて、眠れなくなったりします。

忘れがちな油

暑い時期は、ミネラルや水分の不足ばかり注目されますが、意外と忘れられがちなのが「油」です。油は体に悪いイメージがあるかもしれませんが、油にもたくさん種類があります。その中でも、体内で合成できないため、食べものからしか取ることのできない油があります。それは、必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」の油です。

オメガ3脂肪酸の油には、あまに油やえごま油があります。これらのオメガ3脂肪酸は体の炎症を抑え、オメガ6脂肪酸は炎症を促す働きがありますが、何も意識せずに食事を取っていると、ほとんどの人がオメガ6脂肪酸を取りすぎてしまいます。オメガ6脂肪酸は、サラダ油、紅花油、コーン油など、日常に使いやすい価格で、どこでもよく使われている油だからです。

このオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の理想の摂取バランスは、「オメガ3:オメガ6=1:2〜4」といわれています。しかし、大抵の方は、「1:10〜40」というバランスにまでなっていることが多く、過剰にオメガ6脂肪酸ばかりを取ってしまっている状態です。

オメガ6脂肪酸だけでなく、トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、揚げものなど)の取りすぎにより、私たち現代人の体は炎症を起こしやすく、アレルギーが出やすい体質に偏っていることもあります。

次ページ肉か魚を選ぶ場合は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT