統合失調症の28歳女性が「切り絵」から得た希望

若い感性が伝統工芸に吹き込む「新たな風」

小・中学校のころから、友人らとのコミュニケーションに困難を抱えてはいた。統合失調症を発症したことにより高校に通うことが困難に。学校側の支援で2年生に進級はしたものの、不登校の状態が続いたため、1学期を終えた後で通信制の公立高校へ転入。日曜日のみスクーリングで授業を受けて単位を取得し、卒業した。

もともと絵を描くことが好きで、高校時代は美術部に所属。イラストレーターを目指していたこともあったが、題材を与えられ、締め切りに間に合わせて描くという創作活動は、なかなか難しいと感じていた。

絵を生業とすることを諦めかけていた20歳のころ、切り絵作家・佐藤雅美さんの作品とウェブ上で出合い、見よう見まねで挑戦。ブログの連絡先からアクセスし、作品について助言を求めたところ佐藤さんから「伸びるから、ぜひやりなさい」と励まされた。

作品はやがて美術展にも飾られるように

坂下さんは週5日、火曜から土曜まで、近隣住民が集って介護などの困り事を相談する「みんなの保健室わじま」に通い、制作に励んでいる。医療・介護関係者がそっと見守ってくれるスペースであり、安心して時間を過ごせる。週に1つのペースで作品を仕上げるが、なかには半年がかりの大作もある。

多くの作品を生み出すにつれ、輪島市内の美術展に出品し、石川県七尾市で個展を開催。都内や名古屋、北海道などでのグループ展にも参加するようになった。活動を始めて9年目を迎え、輪島駅前のカフェや鍼灸院などから「作品を展示させてほしい」と声がかかり、作品を購入したいという注文もある。

坂下さんが題材とするのは動植物や風景など。輪島市白米町にある棚田、白米千枚田の切り絵は、金の色紙を重ねることで夕焼けの風景を鮮やかに描き出した。細かい線はすべてフリーハンドで紙を切って表現してある。「花や動物は、ちょっと刃先がずれても、それが味になる。自然ってよくできているなぁと思う」と話す。

髪の毛のような細い線もフリーハンドで切る。「ペンで描いたのでは?」と言われるとか(記者撮影)

童話を題材とすることにも興味を持っており、近年は文字と絵を合わせた作品も多い。細かい文字を表現した切り絵は、額装してしまうと「ペンで書いたんでしょ?」と言われてしまうそう。そこで、立体感がわかるように制作過程を紹介したり、作品を持ち上げて見せたりした動画をSNSで紹介したところ、大きな反響を集めた。

次ページ「統合失調症」と創作活動の関連性
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング