住宅ローン「業者の言いなり」で損するカラクリ

面倒でも絶対に検討してみるべきポイント

① 少しでも低い金利で借りると万単位でお得

多額の借り入れとなる住宅ローンは、ほんのわずか金利が変わるだけで、総返済額が数十万~数百万円単位で変わります。例えば3500万円を借りる際(返済期間35年、元利均等)に、金利が0.1% 低いところで借りるだけで、利息負担総額は60万円超も少なくて済むのです。

同じ例を用いてもう少し具体的に見てみましょう。金利1.2%で借りると総返済額は4288万円になり、金利1.4%になると、総返済額は4429万円と141万円もアップします。

面倒くさがらずに調べてみる

住宅ローンの金利は、金融機関でさまざまです。例えば、全期間固定型ローンのフラット35(返済期間21~35年)で借りる場合、2019年4月の適用金利の例では、金融機関によって1.270~2.400%まで差があります。

同じ金利タイプでも、自分で探せば、業者が見積りとして提示した金利より低いところがきっと見つかります。今まで付き合いのなかった金融機関でも、向こうにしてみれば新規顧客獲得の好機なので、住宅ローンの申込みは大歓迎のはず。前向きに調べてみてください。

② 頭金を増やすと、より有利に借りられる

単純に、頭金を増やすと、物件価格のうち住宅ローンが占める割合が減るため、利息負担を少なくできます。加えて、頭金を住宅ローンの1~2割ほど入れると、適用金利を優遇してくれたり、審査を有利に進めてくれたりする金融機関もあります。

次ページ手元資金にゆとりがある人は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。