日本人よ、真の「リア充」とは土地持ちの階級だ

イケメンも外資系エリートも、結局、残念な人

――帯状の扇状地ではなく、いっそ海外に移住するのはどうでしょうか。

日本国内でデフレが続いている間に、アジア経済が成長し物価が上昇したことで、国内物価とアジアの物価があまり変わらなくなってしまいました。1990年代後半ならばともかく、現在では、アジアへ行ってもよい暮らしができるわけではありません。

タイのバンコクの中心地では、日本のワンルームマンションのような物件が2000万円します。日本に比べれば安いですが、それでも2000万円です。フィリピンの物価はタイより安いものの、インフラが脆弱なので車なども購入しなければなりません。生活費トータルでは1カ月30万円はかかるでしょう。だったら国内の「帯状の扇状地」でいいじゃないですか。

――世間では引きこもりの問題が深刻化しています。彼らは仕事もせず、親の家に住んでいられるのですから、日本型リア充ですか。

『日本型リア充の研究』(自由国民社)(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

彼らは持つ者ではありますが、新規探索傾向はゼロ、またはマイナスなので、単に裕福というだけで「日本型リア充」ではありません。

――世代的に言えば、自動車で暴走する老人たちはどうですか。

プリウスで暴走する老人などが多い、と言われているそうですね。都内に住んで、一定以上の価格の自動車を保有しているのですから、資産を持つ勝者でしょう。そして、これだけ老人の運転は危ないと指摘されているのに、周囲の警告に耳を傾けず運転するのですから、何も考えていないことになります。彼らは日本型リア充、または日本型リア充老人といえるでしょう。

フィリピンも日本も、格差の本質は変わらない

――持つ者と持たない者の格差は、これから解消するのでしょうか。

私は東南アジアが好きでよく行きます。マニラの中心部マカティ地区には、金融機関や外資系高級ホテルが集中しているのですが、同地区の要所要所には検問が設けられて、機関銃で武装したガードマンが侵入者に目を光らせています。富裕層や日本人などの外国人はノーチェックで出入りできますが、フィリピン人のホームレスやストリートチルドレンは出入りできません。

マカティ地区ほどの露骨な隔離政策、階級差別はないにせよ、日本とフィリピンは本質的に変わらないのではないでしょうか。

とくに若年層の間に階級格差が広がっています。一人っ子が多く、相続税がかからないので、第4世代や第5世代にも、土地は簡単に相続されていきます。固着化した世襲は何百年も続く可能性があります。まさに日本の構造的な暗部です。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング