●家族との間には大きな意識ギャップ

 父親自身、母親、子どもに、日頃の「父親」を100点満点で採点してもらったところ、「父親」としては、子どもが75点、母親が70点と評価する一方で、父親の自己評価は63点と控えめになっている。父親自身と家族の評価には開きがあるようだ。
 小学生の子どもと母親に、「現実の家族」と「理想の家族」を絵で表現してもらったところ、現実の父親は、家庭内での存在感に乏しく、控えめで弱々しく、母と子の強い繋がりに対して孤立していると映っている。しかし理想とする父親像は、家族のまとめ役・一家の主として、子どもとのコミュニケーションも円滑で、妻とも強い絆で結ばれている関係を期待している。
 具体的な理想像として、父親自身は、親としては「頼りがい」、夫としては「妻想い」、個としては「魅力」と、それぞれの役割に異なる像を挙げている一方、母親の理想は、父親としても、夫としても、「頼りがい」を挙げており、子どもの抱く理想の父親も、 「遊んでくれる」存在とともに、「頼りがい」のある存在を挙げている。それぞれの役割の使い分けを望む「父親の思い」と、頼りがいを求める「家族の思い」の合致点を見つけることが、ポイントとなりそうだ。

【家族の現実と理想】



ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT