100均の家ついに登場、深刻化する空き家の対処

空き家が増加する日本の見過ごせない課題

全国で増加し続ける空き家をどうにか活用しようと、新たな取り組みが始まっています(写真:KY/PIXTA)

人口・世帯数の減少や家余り社会の到来で、今後ますます空き家が増えると見られている。空き家が管理されないまま放置されると、その地域に防災、防犯、景観上などのさまざまな問題を引き起こす。

国や自治体も手をこまねいているわけではない。法律の整備などを進めているが、決め手に欠けるというのが現実だ。それを埋めるように民間でも、新しい動きが出始めた。

そこで、空き家問題について、次のような観点から見ていくことにしたい。

1. 空き家が問題になる理由は?
2. 空き家対策特措法の効果は?
3. 空き家対策に取り組む地方自治体は増えている
4. 「100均空き家」にどんな意味があるのか

空き家が問題になる理由は?

総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」によると、全国に空き家は846万戸(全国の住宅の7戸に1戸)。この5年間で26万戸増加するなど、その数は増加し続けている。

ただし、この調査でいう「空き家」は、何種類かに分かれる。

・別荘やセカンドハウスなどのように普段は住んでいない「二次的住宅」
・賃借人を募集中の「賃貸用」
・売却を予定している「売却用」
・上記いずれにも当てはまらない「その他」
次ページ犯罪の温床にもなる空き家
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT