(株)マッキャンエリクソン、「Real Fathers リアルファーザーズ」編集部

●家族はネットワーク型に。

 今、家族のあり方が大きく変わりつつある。マッキャンエリクソンが発行した父親研究冊子「Real Fathersリアルファザーズ」によると、現代の家族は「ネットワーク型」になっていると言う。「ネットワーク家族」とは、父、母、子がそれぞれ家庭の外との関係を重視しながら、家庭とも向き合い、家族の中での自分の役割を見出すことで、必要に応じて家族同士が緩やかに繋がっている形態である。家族の絆やコミュニケーションが希薄になっていると言われる中で、どのような背景があるのか。

 かつての家族といえば、地域社会など共同体のルール下で、父親を頂点として母、子が序列した家父長型の家族が主体であり、強い束縛によって家族間の結束が保たれていた。80年代になると核家族化がさらに進展し、家族は消費社会の中心として脚光を浴びることとなり、ニューファミリーと称されることになる。同時に、社会的な女性の地位向上の流れの中で、家庭の中でも夫婦は対等なものとして同権化していく。その後、個人主義が進む中で、家族もそれぞれが家庭の外との繋がりやコミュニティーを構築し、家族のあり方そのものが曖昧なものとなっていく。親子の序列も崩れ、家族間の関係もよりフラットな形へと変化し、子は親に対して友達と同じ感覚で接し、親は子どもの気をいかに惹くかという試行錯誤をする。そうした、家庭の崩壊や行き過ぎた個人主義の揺り戻しが、家の外から再び家庭に目を向け、家族を再評価するという流れの根底にあるのではないだろうか。
 そうした家族の変遷の中で、一家の主である父親の役割はどのように変化しているのか。

【チャートでわかるお父さんと家族の関係(図1)】

<画像クリックで拡大>
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。