「韓国で長期合宿」を選ぶeスポーツ選手の現状

1日10時間以上練習し、外出はほとんどしない

2年目となる「クラロワリーグアジア2019 シーズン1」はすべての試合が韓国で行われる。試合期間中、韓国に滞在する日本人選手はどのような生活を送っているのだろうか(写真:SUPERCELL)

余儀なくされた韓国への長期滞在

4月25日に、スマホアプリ『クラッシュ・ロワイヤル』のプロリーグ「クラロワリーグアジア2019」が開幕しました。2年目を迎えるにあたりクラロワリーグは大きな改変を行っており、昨年5つあったリーグ(アジア、中国、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ)から、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカが統合され、クラロワリーグウエストとして再編されています。

日本が参加するクラロワリーグアジアは昨年と同様に、日本、韓国、東南アジアの3つの国と地域からそれぞれ4チームが参加しており、チーム編成は変わっていませんが、グループA・Bの2つのグループに分かれ、それぞれの上位チームがプレーオフを目指すシステムに変更されています。また、昨年は台湾、韓国、日本で試合を持ち回りで開催していましたが、今年はすべての試合を韓国で行うことに変更されました。

この変更により多くの日本チームはリーグ開催中、韓国に滞在することを選んでいます。試合は毎週1~2試合行われており、日本と韓国を行き来することが負担だと考えてのことです。唯一FAV Gamingだけは、日本からの渡航を選んでいます。

この韓国滞在により、チーム編成も大きく変わりました。クラロワリーグに参加しているプロ選手はほかのeスポーツと比較しても若い選手が多く、現役の高校生、大学生がほとんどでした。したがって、韓国滞在となる今年は、学校に通いながらの参加が難しく、チームからの脱退を余儀なくされた選手もいました。

今年からプロ選手として参加したGameWithのBLOSSOM選手は、プロ選手になることを優先し、通っていた公立高校から通信制の高校へ転校し、韓国からオンラインで高校に通うことを決めています。ほかにも大学生や専門学校生は軒並み休学しており、プロとしての活動を優先しています。

次ページ就職が決まっていた選手は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT