7年ごとに来る「夫婦危機」脳科学から見た必然

定年前後の最大難関は乗り越えられるか

夫婦の道のりは、けっして安泰じゃない。人生100年時代の熟年離婚を避けるために、今から私たちができることは何か。人工知能研究から生まれた男女脳論が答えをくれた(写真:Bulat Silvia/iStock)
結婚後、20年以上たってからの離婚を熟年離婚とするならば、2016年は年間3万7604組が熟年離婚していることになる。これは離婚した夫婦の実に17%に相当する。
人生100年時代の到来は、結婚70年時代の到来でもある。つまり夫婦は定年後、永遠の愛を誓って涙を流し、我が子に出会い、泣いたり笑ったりして共に歩いてきた道のりより、はるかに長い時間を夫婦として生きていくことになる。
では、熟年離婚を避けるために、私たちができることは何か。この問題について先ほど『定年夫婦のトリセツ』を執筆した脳科学・AI研究者、黒川伊保子氏に話を聞いた。

脳は7年ごとに飽きる

夫婦の道のりは、けっして安泰じゃない。脳の7年周期に従って、7年ごとに危機がやってくる。

結婚7年目、男女のときめきが消えて、本当の夫婦道はここから始まる。ここで諦める夫婦もいて、「7年目の離婚」はほかの年回りの離婚に比べて、明らかに多い。2018年に離婚した及川光博と檀れいの二人も結婚7年目だった。

結婚したその日から、夫婦の時計は止まらない。「男と女」の7年、「戦友」の7年ののち、「関心と無関心の揺らぎ」の7年を経て、「腐れ縁」の域へ入ってくる。7年ごとに相手に飽きて(あきれ果てて)、「この人でよかったのかしら」と逡巡しつつ。

しかし結婚28年目、夫婦は「安寧」の扉を開く。ただこの頃が、実は最も危ない。腐れ縁にあきれ果てるときだからだ。夫婦の道のりは、パンドラの箱に似ている。人生の苦悩のすべてが噴出した後に、希望がふわりと飛び立つあの箱だ。

次ページ夫婦は真逆にできている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。