7年ごとに来る「夫婦危機」脳科学から見た必然

定年前後の最大難関は乗り越えられるか

しかしあれは、男性脳の必要不可欠。しなびた白菜みたいにだらけている夫の脳の中では、激しく電気信号が行き交っている。

ちなみに、幼い男の子のぼうっと時間は、のちの理系力の基礎になる。小脳発達臨界の8歳までに、どれだけぼうっとさせたかで、のちの理系の能力が決まる。ぼんやりしがちな男の子は、ぼうっとさせてやらなきゃいけないのだ。

妻が身に付けるべき3秒ルール

さて、ぼうっとしている男性の脳の写真を見て私は驚いた。右脳と左脳の連携信号を潔く断ってしまっているのである。ここが働かないと音声認識がかなわない。

つまり、暮らしのそこここで、男性たちは、音声認識のエンジンを切っている。だからいきなり全開で話しかけられても、聞き取れないのだ。「あなた、あの件、どうなったの?」「あなた、それそれ、それ取って」も、すべて「ほぇほぇほぇほぇ、ほぇっほぇ」と聞こえている。

なので、「はぁ?」と聞き返してくる。この「はぁ?」が、女には腹が立つ。

『定年夫婦のトリセツ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

私たち女性は、起きてから眠るまで、音声認識のエンジンを切ることはほとんどない。いきなり話しかけられても、言われたことの意味くらいはわかる。だから、この夫の「はぁ?」が「なんで、俺が?」に聞こえるのである。まさか、「聞き取れませんでしたけど、何か?」だなんて、思いもよらない。

このムカつきは男性にとってはまったくの濡れ衣だ。幻想に腹を立てているだけ。日々の暮らしから、この無駄なムカつきをなくそう。

夫に話しかけるときは(息子や孫も同じ)、彼の視界に入るようにして声をかける。そして、声をかけてから3秒待つ。「あなた、(1)(2)(3)、〇〇のことだけど」という感じ。

3秒あれば、男性も音声認識のスイッチが入れられる。夫の「はぁ?」や、いぶかしげな顔を見ないだけでも、暮らしはかなり楽になる。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。