7年ごとに来る「夫婦危機」脳科学から見た必然

定年前後の最大難関は乗り越えられるか

ある優秀な生産管理の専門家が、妻に逆上された話をしてくれた。妻がやかんに水を入れながら、あれこれ別の用事をするのだけど、水を全開にしておくので、あふれてしまっていた。そこで「あれこれするのなら、その時間をもくろんで、水を細めに出しておけばいいのに」とアドバイスしたら、妻がキレたというのだ。

クリティカルパス(最も時間がかかる作業)を見極めて、生産ラインの流量を決めるのは生産管理の基本で、なかなかいいアドバイスであるのだが、妻のキレ方はひどかった。

この話、妻である人たちの多くは「それはひどい。黙って水を止めればいいだけでしょ」と憤慨する。一方、理系の職場に長くいる私自身は、「あーなるほど」と感心して、それからその方式を取っている。以降、わが家では水が盛大にあふれ出ることはない。

それでもそのセリフが、水をあふれさせてショックを受けている瞬間に、夫から出たものだったら、絶対に許さない。一生、水は全開にしてやる、と決心したかもしれない。

だって夫の役割は、その瞬間の妻のショックを和らげることだから。言うべきは「僕が気づいて、止めてあげればよかった」しかない。手練れの専業主婦も、たまの失敗のショックは大きい。なのに夫は、ここぞとばかりに正義を振りかざす(ように見える)。これでは、夫婦が仲良くいられるわけがない。

妻は夫の「ぼうっと」を許そう

さて、今度は妻の番である。

男性は暮らしのそこここで、ぼうっとしている。このぼうっとには意味がある。空間認識の領域を最大限に活性化して、精査しているのである。平たく言えば、ぼうっとしている間に、戦略力・俯瞰力・構造認識力などの能力をアップしている。これはひらめきを引き出す準備運動と言ってもいい。

したがって男性脳を、いつまでもボケさせずにうまく使うには、「ぼうっと時間」を許してあげなければならない。

例えば、休日の午前中、パジャマを着たまま、リビングでぼうっとしている夫。共働きの妻がせっせとたまった家事をこなしていく足元で、ごろごろしている姿に、どれだけ腹が立つかわからない。疲れているなら寝てりゃあいいのに、起きてきたにもかかわらず、私の修羅場を手伝わずにのうのうとしていられる意味が分からん。ボーと生きてんじゃねーよっ(チコちゃん風)……ってな、感じ?

次ページしかしそのとき、夫の脳の中では…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。