7年ごとに来る「夫婦危機」脳科学から見た必然

定年前後の最大難関は乗り越えられるか

夫婦の愛とは「わかり合い、譲り合う」ことではない。ムカつき合うことこそ愛の正体だったのである。

そうとわかれば、覚悟を決めればいい。夫と妻がわかり合えるだなんて、つゆほども思わないことだ。「あのとき 同じ花を見て美しいと言った二人」が「素晴らしい愛」なのだとしたら、その二人は生存可能性の高い夫婦にはなれない。そもそも、同じ花なんか見ちゃいない夫婦が、最もいい夫婦なのだから。

わかりえないと覚悟を決め、二人ができるだけムカつかないように工夫して生きる。その工夫がうまくいった二人は、阿吽の呼吸でけんかを寸止めできる、唯一無二のペアになるに違いない。

二人の間には、「わかる、わかる」系の共感をはるかに超えた、深い理解が生まれるだろう。自分を絶妙に補完する相手であることを知るわけだから。自分が相手を補完していることで、新たに自己価値を見出すこともあるだろう。そこには、見たこともない強い絆が生まれるはずである。

何事も準備が大事

目の前の相手と、定年後は40年、24時間、日がな一緒にいるのなら、互いの達人になってしまう以外に、心の安寧を得る道はない。そこでここでは、定年退職の前に、互いが互いの専門家になるための「妻のための夫学」「夫のための妻学」を1つずつ紹介したい。

長い年月をかけてこじれたものを元通りに直すには、時間がかかることもある。「夫婦関係がこじれているな」と感じているなら、できるだけ早く以下を理解し、行動を変え、ぜひ「阿吽の呼吸」の定年後を迎えてほしい。

まずは夫から。定年して家に入る前、夫には「絶対に」マスターしてもらわなくてはならないことがある。それは会話のたびに「共感」というクラッチを踏むことだ。

マニュアル車は、加速するときも減速するときも、クラッチを踏む。そうしないと動力が駆動部にうまくつながらず、車がスムーズに動かないからだ。

女性の会話はそれに似ている。否定するときも肯定するときも、女性脳はまず共感をほしがる。

例えば「なんだか腰が痛くて」には、まずは心配そうに「腰か、それはつらいなぁ」と応えてほしい。このとき「医者に行ったのか」「早く医者に行け」は、最悪のNGワードになる。問題解決は一生しなくていい。なぜなら女性は問題解決の方法など、すでに心得ているからだ。

問題解決してあげたかったら「片付け物は俺がするから、座ってて」と、家事手伝いを申し出るのが一番いい。「温めてみる?」なんていうのも親身な感じがしてとてもいい。

次ページ夫の役割はショックを和らげること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。