伝説の怪奇漫画家が歩んできた退屈しない人生

73歳の今もなお新作の制作に意欲を燃やす

「そこからのオチが決まらなかったんです。悩んでいると、当時アパートで共同生活をしていた友人に『蔵六を辞書で調べてみたら?』と言われたんです。

『蔵六は俺が決めた名前なのに、載ってるわけないじゃないか?』と思いながらも『広辞苑』で調べてみました。そうしたらなんと載っていました。『古語で亀の意』と書いてありました。蔵(甲羅)の中に手足頭尻尾の6つをしまうから、蔵六なんですね。運命を感じました。『奇病でどうしようもなくなってしまった蔵六の体が、七色の甲羅で身を包んだ巨大な亀になる』という展開にすることにしました」

そして完成したのが『蔵六の奇病』だった。

『蔵六の奇病』(ひばり書房)

最初は300枚のボリュームになったものを、32枚に絞って持ち込むことにした。

まずは秋田書店に持ち込んだが「グロテスクすぎる」という理由で断られた。続けて、少年画報(少年画報社)に持ち込むと、大学を出たての新人編集者に「おもしろいので、預からせてほしい」と言われた。

いったんはやはりグロテスクすぎるという理由で断られたのだが、編集長が替わったタイミングで掲載されることになった。

「編集部に行くと、編集さんたちが集まってきてそれぞれがいろんな意見を言いました」

結果的に2色にすることになったのだが、色を塗ったこともなかったため大変苦労した。しかし苦労したかいがあり、とてもインパクトのある作品になった。

少年サンデーは日野さんの物語に魅了された

「まだ少年画報が発売される前に、少年サンデーと少年マガジンから執筆依頼の電話がありました。おそらく印刷所で製本段階の作品を目にしたんだと思います。

ただ『蔵六の奇病』を1年がかりで描きあげたところでしたから、そんなに何本も仕事を受けられません。いったんは断わるしかありませんでした。マガジンとの縁はそれきりでしたが、サンデーは家にまで来て『ファンなんだから描いてくれ』って何度もお願いされて、結果的に作品を描くことになりました」

少年画報では連載が始まった。サブタイトルには「日野日出志ショッキングワールド」とついた。

「俺はグロテスクが描きたかったわけではないんですが、『ショッキング』というタイトルを見て何を求められているのかがわかりました。言葉に引っ張られる形で、より刺激的な漫画になっていきました。そうして『地獄の子守唄』が産まれました」

『地獄の子守唄』は作者、日野日出志が読者に話しかける形で展開する。

次ページ『地獄の子守唄』はPTAや親族から大ブーイング
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。