伝説の怪奇漫画家が歩んできた退屈しない人生

73歳の今もなお新作の制作に意欲を燃やす

日野さんの作品は、短編がほとんどだ。長編漫画もあったが、成功にはいたらなかった。本人も短編のほうが向いていると自覚している。

「アイデアに困ったことはなかったですね。むしろアイデアはいっぱいあって、いつも新しい作品を描きたくて仕方なかったですね。

アイデアの段階だと最高のイメージを思い浮かべるんです。でも実際形にすると、どうしてもそれよりは落ちてしまう。だから未完成は捨てて、すぐに次を描きたくなっちゃうんです。その繰り返しですね」

日野さんは1970年代にデビューしたが、1980年代に入り商業的にはかなり厳しくなった。

最後の作品になるはずだった『地獄変』

「雑誌での連載は減りました。描き下ろしの単行本の依頼はあって年2~3冊出していたんですが、単行本は連載での原稿料がないのでとても大変ですね。その頃は女房にも働いてもらってました。

そんな状態を10年続けて、『漫画家として必要とされていないなら、もういいかな?』と思うようになりました。まだ30代でしたし、やり直しもきくかとも思いました」

漫画家をやめるつもりで描いた作品が、1982年に発表された『地獄変』だった。

『地獄変』(ひばり書房)

『地獄変』は『地獄の子守唄』をより過激にしたような作品だった。漫画の最後では、作者が読者に対して斧を投げつけた。

「やめるつもりで書いたんですが、読み返してみたら『こんな程度のレベルの作品で満足してやめるわけにはいかないな』と思い直しました。その後も漫画を描き続けます」

1985年には、とあるビデオ映画作品の監督をすることになった。この作品では、実在の殺人事件との関連性を疑われ、スポーツ新聞などで過激な報道がなされた。

「まるで犯人扱いでしたね。テレビや新聞ではずいぶんひどい扱いをされました。実際に事件が収束した後に刑事に話を聞きに行ったんです。『犯人が本当に俺のビデオを見たか知りたい』って。結局、ビデオは見ていなかったんです。本当に犯人が自分の作品を見ていたなら、筆を折ろうと思ってましたから、ホッとしましたね。

でも、『なんであんな作品を作っちゃったのかな?』と今でも思い返します。若気の至りですね。『地獄変』と同じで、漫画をやめようと思って作っていました。もう1回読者に対して斧を投げてやるぞって……」

しかしビデオを撮り終わった後も、漫画を描くのはやめなかった。その頃から、ホラー雑誌が何冊か創刊されて、仕事が増えてきた。また日野さんと、水木しげるさんとの対談が実現し、世間でも話題になった。

「ずっと単行本の描き下ろしの仕事をしていたので、単発で来る30ページくらいの仕事は苦もなく描けました。描けば描くほど、それを見た出版社から仕事が来ました。40代になってからは来た仕事は一切断りませんでした」

次ページ2000年代に入り、日野さんはペンを止めた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT