山本太郎に見える田中角栄との意外な共通点

「中島岳志×プチ鹿島」対談後編

中島岳志氏(左)が9人の政治家をマトリクスを用いて分析したとき、今の野党に足りないものとは?(撮影:梅谷秀司)
7月21日に投開票を控える第25回参院選。「令和初の国政選挙」で、私たちは何を選択すればいいのか――。
「参院選は政治家のイメージだけでなく顔も見よ」(2019年7月10日配信)に続き、自民党の首相候補政治家をその言葉、著作から徹底的に分析した『自民党 価値とリスクのマトリクス』を著した中島岳志氏と、時事ネタを得意として多方面で活躍する芸人のプチ鹿島氏の対談をお届けする。

前編:「参院選は政治家のイメージだけでなく顔も見よ

野田聖子、小渕優子、女性議員のリアリティー

中島 岳志(以下、中島):『自民党 価値とリスクのマトリクス』では、安倍晋三さん、石破茂さん、菅義偉さん、野田聖子さん、河野太郎さん、岸田文雄さん、加藤勝信さん、小渕優子さん、小泉進次郎さんの、9人の首相・首相候補政治家を扱いました。

そして、縦軸にリスクの個人化/社会化といった「リスク」への考え方、横軸にリベラル/パターナルの「価値」をとり、マトリクスで政策を捉え直しています(外部配信先でお読みの場合、マトリクス画像を閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)。この中で鹿島さんが気になった方はいますか?

(出所)『自民党 価値とリスクのマトリクス』(スタンド・ブックス)

プチ鹿島(以下、鹿島):野田さんと小渕さんです。とくに野田さんはずっと気になっていました。自民党内のマッピングを考えると、希有な存在ですよね。

次ページ野田さんの興味深いところは…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。