立憲民主党の枝野代表、「アイドル論」を語る

「欅坂46の同調しない反骨心に共鳴した」

アイドル論を語らせたら止まらない、立憲民主党の枝野幸男代表(CDなどは編集部が用意したもの。撮影:尾形文繁)
先の衆院選で野党第1党に躍り出た立憲民主党。同党の枝野幸男代表はアイドル好きとしても知られている。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのアイドルグループ、欅坂(けやきざか)46の『不協和音』は、枝野氏の愛唱曲だ。最近この曲の歌詞が、民進党分裂から立憲民主党結党に向かう政局を”予言”したものだったと、報道関係者やネットユーザーの間で騒がれた。
「ここで同調しなきゃ裏切り者か」
ほかにも多くのフレーズが当時、前原誠司民進党前代表が進めた希望の党への合流に焦燥していた、枝野氏の立場や心境にピタリと符合するというのだ。
10月2日に産経ニュースが報じたところによれば、同月1日、前原氏の真意がつかみきれずに疲労困憊していた枝野氏は、「1人カラオケに行きたいよ。『不協和音』を歌うんだ」と、記者たちの前でつぶやいたという。まるで、自分の気持ちはこの歌と同じだ、と暗示するかのような口ぶり。はたして、どれくらい意識していたのか。直接本人にインタビューした。

「僕は嫌だ」と言うべき相手は安倍首相

――『不協和音』を歌いたい、とつぶやいた真意は何だったのですか。

エレベーターの中で記者に取り囲まれたときに、何にも考えないまま独り言として自然に出たんですよ。本当にただ歌いたかったので。歌詞とのリンクは何も考えなかった。でも、すぐに気付いて政治的に使われてしまうな、とは思いました。やはり一部の記者は反応して(選挙報道の新聞記事やテレビ番組でも取り上げられた)。だからあれから歌いにくくなっちゃったんですよね。

――本当でしょうか。歌詞の「僕は嫌だ」の部分は、前原さんに対する心の叫びとしてはピッタリ。その後、前原さんらと袂(たもと)を分かち、立憲民主党を結党した行動とも一致します。

僕が「僕は嫌だ」と言うべき相手は、安倍(晋三)さんの政治ですから(笑)。「(欺きたいなら)僕を抹殺してから行け!」って、突き付ける相手も安倍首相です。2014年の衆院選では、民主党幹事長だったこともあって、(小選挙区で枝野氏を落選させようと)与党側から狙い打ちされました。安倍首相や自民党幹部が連日、大宮駅で対立候補の応援演説に来ました。僕は”抹殺”されそうになったんですよ(苦笑)。そのときのことを思い浮かべながらこの曲を歌っている。

次ページサイレントマジョリティーじゃいけない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT