1人の結婚相手を見つける、たった1つの方法

婚活アプリで100人と会うことも可能だが…

素子は、「じゃあ、いい機会だからどこか別のところを借りて一緒に住もう」とか「結婚しようか」とか、2人の関係を進展させる言葉が出てくることを期待していた。ところが、洋治からの返答は違っていた。

「更新したら、いいんじゃない? 素子のアパートは駅から近いし、近くにスーパーもあって便利だし」

ここで更新すると、また2年同じところに住むことになる。「この人は、私と結婚する気はないんだな」と思ったら、これまで胸の中に抑えていたものが一気に爆発した。そして、これまで言えなかった切り札を出した。

「私たち付き合って2年になるよね。私と結婚をする気はないの?」

その剣幕におののきながらも、洋治は飄々(ひょうひょう)と言った。

「素子のことは好きだし大事に思っているけれど、今はまだ仕事が安定していないから、申し訳ないけれど今は結婚は考えられないな」

そこで大げんかになった。そこから1週間は音信不通が続き、結局彼女から折れて連絡を入れ、関係を復活させたという。

出会いを求めて、シェアハウスの住人に

素子は続けた。

「結局、家の更新はしなかったんです。都心だったから家賃も高かったし、環境も変えたかったので、シェアハウスに移りました」

シェアハウスに引っ越すことにしたのは、家賃以外にも理由があった。

「私の友達が、シェアハウスに住んでいたんですが、そこで知り合った精神科医と結婚をしたんです。『一緒に住んでいる住人だけではなくて、住んでいる人たちの友達も遊びに来るから、出会いの場が圧倒的に広がる』と友人が言っていたので」

素子が見つけたシェアハウスは、渋谷駅から電車で30分という立地なのに、家賃はこれまでの3分の2。住人みんなが集まれる広いリビングがあり、冷蔵庫は共有。バス、トイレは男女分かれていて共有という、なかなかの好物件だった。

「自分の部屋に入ってしまえばプライベートは守られるし、リビングに行けば誰かしら話し相手がいる。1人暮らしだったときは、家に来るのは洋治が主で、本当にたまに仲のいい友達が遊びに来るくらい。1人になると寂しかったし、結婚のことばかり考えてしまっていたので、今のシェアハウスの暮らしは楽しいです」

そして、シェアハウスに引っ越したことで、“結婚を言い出さない洋治に執着していないで、婚活もしよう”という気持ちになった。それは、住人の独身女性のほとんどが、婚活アプリで婚活をしていたからだ。

次ページ婚活アプリのよさとは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。