「胸キュン男子」に遭遇する都内路線トップ10

夢見る若者は中央線、「リア充」が多いのは?

電車に乗って出掛ければステキな男性を目にする機会も増える…はず(写真:kikuo / PIXTA)

今年の夏は、暑い。しかしひとたび電車の中に入れば冷房が効いておりヒンヤリ快適だ。さらに、そこにステキな乗客がいれば「今日も1日頑張ろう!」とさわやかなモチベーションが湧いてくるのは筆者だけではないはず。今回は筆者が独断で選んだ、思わず胸キュンしてしまう男性が多い路線をランキング形式でご紹介する。

まずは注目の穴場路線

第10位 再開発が進みステキ男子も増加中!「JR常磐線」

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

常磐線は、日暮里(荒川区)を起点に千葉、茨城、福島、果ては宮城まで至る長~い路線。東京エリアは東部を走り、「アノやんちゃなイメージのある常磐線がランクインするなんて!」と思われた方もいるだろう。

実は、常磐線の日暮里、三河島、南千住などのエリアでは再開発が進み、高級分譲マンションが増加中。意識高いおしゃれなファミリーが多く、すてきな男性が増えつつある穴場路線なのだ。

もちろん、ちょっとワルそうな眼光鋭い男子もおり、ぞくっとする刺激を求めるのもいいかもしれない。

第9位 カワイイ系男子が愛用するテーマパーク路線「JR京葉線」

京葉線にはレジャースポットを訪れるアクティブな男子が乗っている?(写真:OGC / PIXTA)

東京(千代田区)から蘇我(千葉県千葉市)を結ぶ京葉線。東京駅からの乗り換えが大変なイメージもあるが、それにもめげず胸キュン男子は京葉線に集う。

沿線には葛西臨海公園や東京ディズニーリゾートがあり、遊びに飢えた若者にはたまらない路線。特に週末となると学生でにぎわい、キャラクター好きのカワイイ系男子の姿も。夏になると、稲毛海岸などレジャーが色めき立つ。さわやかなサーファー系男子など、日焼けの似合う乗客に胸がくすぐられる。

第8位 暮らしに妥協しないエリート男子に人気「東京メトロ有楽町線」

和光市(埼玉県和光市)から新木場(江東区)までを結ぶ地下鉄有楽町線。西武池袋線、東武東上線とも直通し、埼玉県から都心へ向かうのにも便利な路線だ。

主要駅のひとつ、池袋は不動産サイトSUUMOが発表した「関東住みたい街ランキング2018」で総合5位の実力。また新富町、月島、豊洲もタワーマンションが立ち並ぶ人気のエリアで、住環境にこだわる男性から熱視線を浴びている。有楽町、銀座一丁目にはエリート企業も多く、りりしい会社員や聡明な士業の男性が多く利用する路線である。

次ページあのビジネス路線は医者も多い?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT