「自動運転」で覇権を握るアメリカ企業はどこか

自動車業界だけでなく業種超えた展開本格化

自動運転技術はどこまで進歩するのでしょうか。写真はイメージ(写真:iStock/metamorworks)

アメリカでヘンリー・フォードがT型フォードの大量生産に成功し、クルマの大衆化が進んでから100年余り。いま、そのクルマを取り巻く環境が劇的に変化しようとしている。キーワードは「CASE」だ。

「CASE」とは、コネクテッド(Connected)、自動運転(Autonomous)、シェアリング(Shared & Service)、電動化(Electric)の4つの頭文字をとって作られた言葉で、2016年に独ダイムラーが自社の中長期戦略を発表した際に初めて用いられた。

『米国会社四季報2019年春夏号』は現在発売中。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

クルマはすでにさまざまな機能を制御するため大量の電子機器を搭載しており、カーナビとあわせ、それ自体が情報端末としての機能を有している。ここにネットがつながることでセキュリティーや安全のほか、エンターテインメントなどのサービス拡大が期待されている。

地球環境問題への対応から電気自動車(EV)へのシフトが加速しつつあり、シェアリングエコノミーの流れはクルマの世界にもひたひたと迫っている。

ネット社会におけるこうした大きな変化は、クルマの世界が自動車業界だけのものではなくなりつつあることを示している。

急成長が予測される自動運転車市場

こうしたCASEのなかでも、とりわけ大きなインパクトをもたらすのが自動運転だ。矢野経済研究所が発表したADAS(先進運転支援システム)/自動運転システムの世界市場規模予測によると、2018年の搭載台数は2385万台だが、2023年には5607万台、2030年には8390万台へと大きく拡大する見通しとなっている。

もっとも、一口に自動運転といっても、段階ごとに動作や範囲などが定義されており、実質的な国際標準であるアメリカの規格団体SAE Internationalが定めた基準では、レベル0からレベル5まで6段階に分かれている。

このうち、レベル1は自動ブレーキ、前車との車間を維持するACC(Adaptive Cruise Control)、車線維持機能(LKAS:Lane Keep Assist System)のいずれかが搭載されているケース、レベル2はこれら機能が複合的に搭載されているケースに相当する。

日本ではホンダの「センシング」や日産の「プロパイロット」搭載車がレベル2に該当するが、レベル2まではあくまでも「運転支援」という位置づけであり、「自動運転」となるのはレベル3以降ということになる。

次ページ完全自動運転車が急激に伸びる予測も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。