就活グローバル化で日本人学生はどうなる?

パソナが外国人留学生向け合同企業説明会を開催

会場入り口でパンフレットを見ている留学生に声をかけると、ネパールからの留学生。彼はすでにネパール内の大学を卒業、来日して日本語学校に2年通ってから、国内の大学へ入学した。日本では1年生だが、「ネパールでは大学を卒業しているので、日本の大学に在学中でも就職する機会があれば就職したい」という。パソナの「JOB博」には、通常の合同企業説明会と異なり、3年生以外や既卒者も出席している。

一方、海外展開を拡大したい企業にとって、留学生は非常に重宝な存在だ。母国語と日本語ができるし、両方の国の文化や習慣を知っている。採用したのはいいが、日本の習慣や日本企業になじめず退職してしまうリスクが低い。

最近は、日本企業が海外の大学生を直接採用するケースが増えているが、ある出展企業の担当者は、「海外から直接採用した社員は、2~3年で辞めてしまうことが多い。うちとしては長く勤務してもらって、海外と日本の橋渡しとして活躍してほしい。言葉だけでなく、日本と海外の両方の事情を知っている留学生を採用したい」とのこと。

2020年までに外国人留学生は倍増

日本学生支援機構による直近の調査によると、2012年5月時点で、日本国内にいる外国人留学生の数は13万7756人。日本政府は2020年までに外国人留学生の数を30万人まで増やす計画だ。

今後、日本へやってくる外国人留学生は増加するだろう。そして、2020年といえば東京五輪の年。東京五輪で日本の魅力が世界に周知されれば、2020年以降も留学生数はさらに増えるに違いない。

「JOB博」のようなイベントが増えることと留学生の増加によって、日本企業に就職する外国人は増加するだろう。就活は国籍を問わないグローバルな競争となっていく。

(撮影:今井康一)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT