レアル移籍の久保建英は世界で爪痕を残せるか

コパ・アメリカのサッカー日本代表はどうなる

その前提でチームの軸を担う人間を考えてみると、すでにA代表でレギュラーをつかんだ状態の冨安健洋(ベルギー・シントトロイデン)、ボランチの柴崎岳、2シャドー(影のストライカーを意味し、フォワードと攻撃的MFの中間に位置)を形成するとみられる久保と中島翔哉(カタール・アルドゥハイル)の4人が浮上する。

まず冨安だが、ご存じの通り、1~2月の2019年アジアカップ(UAE)でMVP級の働きを見せ、キャプテン・吉田麻也(イングランド・サウサンプトン)ら実績あるDF陣をしのぐ存在感を誇った。187㎝の高さと冷静な状況判断力、1対1の強さ、攻撃の起点となるパス出しやフィードのうまさと現代サッカーのDFに必要な要素をすべて備えている選手とも評される。

今季シントトロイデンでも指揮を執るマーク・ブレイズ監督が「スタメンを決める際、真っ先にリストに名前を書くのが冨安」と語ったというほど絶大な信頼を勝ち取っていた。

実際、ベルギーではリーグ37試合に出場。アジアカップ期間以外はフル稼働したことになる。それだけの存在感を誇った彼には目下、イタリアの名門クラブからオファーが届いていると言われ、今大会後には大型移籍も十分ありうる状況だ。

強敵相手にどう攻撃陣を封じるのか

日本が守勢に回る時間帯が長くなると予想されるだけに、冨安率いる最終ラインがうまく機能しなければ、爆発力あるチリやウルグアイの攻撃陣は封じられない。

チリにはアレクシス・サンチェス(イングランド、マンチェスター・ユナイテッド)、ウルグアイにもルイス・スアレス(スペイン・バルセロナ)やエディンソン・カバーニ(フランス・パリサンジェルマン)ら世界最高峰FW陣がいる。

冨安が中心となり、A代表初の板倉滉(オランダ・フローニンゲン)、立田悠悟(J1・清水エスパルス)、あるいは2018年ロシアワールドカップ組の植田直通(ベルギー、セルクル・ブルージュ)らとともに形成する3バックをうまく統率し、強固なブロックを形成することが必要不可欠になってくる。

「やっぱり個の力はあると思いますし、そこにいかにして戦うのか。1対1も大事だけど、いかにグループで守るのか。それを考えながらどんどんチャレンジしていきたい」と普段冷静な20歳の冨安が興奮気味に語っていた。その高いモチベーションが前向きな形で出せれば、好パフォーマンスにつながるはずだ。

次ページチームの司令塔は柴崎
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT