ワイヤレスG、Wi-Fi整備支援の新サービス

代表取締役2人の新たな経営体制で取り組む

気になるのは新事業の業績インパクトだ。同社は昨年、2000万円を投じて一連のシステムを構築している。「追加コストはほぼかからないため、初年度から黒字でスタートできる見込み。少数精鋭の会社の体制も変わらない」(松本氏)という。収益のイメージとしては、まずは初期設定にかかる収益や機器売買益が計上され、運用するスポット数の増加とともに、運用費用を積み上げていくモデルだ。そのため、既存のルーター販売と同じく、ストックが収益の源泉となる。「会社の数値の見方はこれまでと大きく変わらない」(池田氏)。また、2月13日に13年12月期通期決算の発表を予定しているが、新事業の収益は14年12月期の業績予想には織り込まない方針だ。

既存のルーター販売でも、昨年10月スタートの新規格「Wimax2+(ワイマックスツープラス)」(TD-LTE規格)のサービスを軸に会員数を伸ばしており、堅調に推移している。新事業のインパクトがどれほどのものになるかは未定だが、同社の業績自体は着実な伸びが期待できそうだ。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。