東工大生が考えた「おせっかいな問題集」

ドコモの支援プログラムに集まるスタートアップ①

forEstの後藤匠CEO(撮影:梅谷秀司)

第2期を迎えたNTTドコモのベンチャー支援プログラム「イノベーションビレッジ」に参加するのは6チーム(イノベーションビレッジの詳細については、関連記事を参照)。起業ブームが広がる中、多数の応募から厳選されただけあって、いずれも個性的なサービスを掲げている。

各チームはいったい何を目指しているのか、その内容を知ることは、現在のスタートアップの傾向をつかむ上で参考になるだろう。そこで各社のビジネスを個別にレポートしていく。第1回は「forEst(フォレスト)」。同社は12年5月に設立された東京工業大学発の学生ベンチャー。現在5名で活動中だ。

同社が開発中の「ATLS(アトラス)」は、受験勉強で「間違った問題を復習したい」「類題を探したい」といったニーズに応えるツール。タブレット端末を用いて、デジタル化された学習参考書と、各種サポート機能によって効率的に学習を進めることができる。同社を率いる後藤匠CEOは東工大の現役大学院生。「勉強が大好き」と語る後藤CEOが目指しているのは、「おせっかいな」学習サービスだ。

学習履歴データを活用

仕組みは次のようになっている。学生はまず、アトラスのサービス上でデジタル化された参考書を購入し、タブレットの画面を見ながら問題を解く。学習方法はこれまでと何ら変わらない。通常の参考書で勉強するように、ノートとペンを使って解答する。

ただし単なる電子書籍の参考書ではない。既存のサービスと異なるのは、学習履歴を基に、さまざまなサポート機能を提供する点だ。いつ、どの問題をどれだけの時間をかけて解いたのか。そして正解したのか、間違ったのか。前回解いた時と比べて時間は短縮できたのか。こうした細かな履歴を蓄積することで学習のアシストを行うのだ。

出版社から参考書データを仕入れて学生に販売することで得られるマージンが売り上げになる。つまり収益モデルは書店に近い。「参考書の価格は紙の参考書と同等、もしくはそれよりも安い価格で提供する予定」(後藤CEO)だ。

サービスを思い立ったきっかけは、受験時の経験から。「勉強の虫のような学生」だった後藤CEOは、試験などで間違えると、悔しいため、すぐに類題を解きたいと思っていた。だが、類似問題を探す手段がない。こうした経験から、「問題を検索できるサービスがあればいいのではないか」と構想を広げてきたという。

次ページサービス開始時期は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT