東工大生が考えた「おせっかいな問題集」

ドコモの支援プログラムに集まるスタートアップ①

forEstの後藤匠CEO(撮影:梅谷秀司)

第2期を迎えたNTTドコモのベンチャー支援プログラム「イノベーションビレッジ」に参加するのは6チーム(イノベーションビレッジの詳細については、関連記事を参照)。起業ブームが広がる中、多数の応募から厳選されただけあって、いずれも個性的なサービスを掲げている。

各チームはいったい何を目指しているのか、その内容を知ることは、現在のスタートアップの傾向をつかむ上で参考になるだろう。そこで各社のビジネスを個別にレポートしていく。第1回は「forEst(フォレスト)」。同社は12年5月に設立された東京工業大学発の学生ベンチャー。現在5名で活動中だ。

同社が開発中の「ATLS(アトラス)」は、受験勉強で「間違った問題を復習したい」「類題を探したい」といったニーズに応えるツール。タブレット端末を用いて、デジタル化された学習参考書と、各種サポート機能によって効率的に学習を進めることができる。同社を率いる後藤匠CEOは東工大の現役大学院生。「勉強が大好き」と語る後藤CEOが目指しているのは、「おせっかいな」学習サービスだ。

学習履歴データを活用

仕組みは次のようになっている。学生はまず、アトラスのサービス上でデジタル化された参考書を購入し、タブレットの画面を見ながら問題を解く。学習方法はこれまでと何ら変わらない。通常の参考書で勉強するように、ノートとペンを使って解答する。

ただし単なる電子書籍の参考書ではない。既存のサービスと異なるのは、学習履歴を基に、さまざまなサポート機能を提供する点だ。いつ、どの問題をどれだけの時間をかけて解いたのか。そして正解したのか、間違ったのか。前回解いた時と比べて時間は短縮できたのか。こうした細かな履歴を蓄積することで学習のアシストを行うのだ。

出版社から参考書データを仕入れて学生に販売することで得られるマージンが売り上げになる。つまり収益モデルは書店に近い。「参考書の価格は紙の参考書と同等、もしくはそれよりも安い価格で提供する予定」(後藤CEO)だ。

サービスを思い立ったきっかけは、受験時の経験から。「勉強の虫のような学生」だった後藤CEOは、試験などで間違えると、悔しいため、すぐに類題を解きたいと思っていた。だが、類似問題を探す手段がない。こうした経験から、「問題を検索できるサービスがあればいいのではないか」と構想を広げてきたという。

次ページサービス開始時期は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT