「色あせない卒業アルバム」を作りませんか

ドコモの支援プログラムに集まるスタートアップ②

太田祥平社長

ドコモのベンチャー支援プログラム「イノベーションビレッジ」。その2期生として選ばれたのは6チームある。

今回、各チームの戦略を分析していくわけだが、2社目に取り上げるのが、電子卒業アルバムアプリ「えがおの本」を開発中のえがおの株式会社。太田祥平社長は出版社出身の40歳。6チームの中では、最年長の起業家だ。

「卒業アルバムをアプリ化して、スマホやタブレットでいつでも、どこでも見ることができる。自由にカスタマイズもできる」

これが「えがおの本」のコンセプト。アプリを操作することでプリント写真を購入することもできるしフォトブックの注文も可能だ。自分の子供の写真だけを選んでオリジナルアルバムを作ることだってできてしまう。写真データはクラウド上に保存しているため、災害などで端末やプリントを紛失した場合にも、大切な思い出を失うことはない。

3・11を機に起業を決めた

起業のきっかけは、東日本大震災。連日、被災地の惨状が伝えられる中、目に止まったのは、がれきとともに泥にまみれたアルバムだった。「子供の命だけでなくアルバムまで失ったら、子供が生きていた痕跡が消えてしまう」。太田社長は出版社の編集者として、ヨガ関連本やヘアカタログなど、さまざまな本に携わってきたのだが、「今は本を作っている場合じゃない」。

次ページ家族アルバムを作成
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。