「色あせない卒業アルバム」を作りませんか

ドコモの支援プログラムに集まるスタートアップ②

太田祥平社長

ドコモのベンチャー支援プログラム「イノベーションビレッジ」。その2期生として選ばれたのは6チームある。

今回、各チームの戦略を分析していくわけだが、2社目に取り上げるのが、電子卒業アルバムアプリ「えがおの本」を開発中のえがおの株式会社。太田祥平社長は出版社出身の40歳。6チームの中では、最年長の起業家だ。

「卒業アルバムをアプリ化して、スマホやタブレットでいつでも、どこでも見ることができる。自由にカスタマイズもできる」

これが「えがおの本」のコンセプト。アプリを操作することでプリント写真を購入することもできるしフォトブックの注文も可能だ。自分の子供の写真だけを選んでオリジナルアルバムを作ることだってできてしまう。写真データはクラウド上に保存しているため、災害などで端末やプリントを紛失した場合にも、大切な思い出を失うことはない。

3・11を機に起業を決めた

起業のきっかけは、東日本大震災。連日、被災地の惨状が伝えられる中、目に止まったのは、がれきとともに泥にまみれたアルバムだった。「子供の命だけでなくアルバムまで失ったら、子供が生きていた痕跡が消えてしまう」。太田社長は出版社の編集者として、ヨガ関連本やヘアカタログなど、さまざまな本に携わってきたのだが、「今は本を作っている場合じゃない」。

次ページ家族アルバムを作成
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。