不動産会社の印象が悪化したわかりやすい経緯

業界はあまりにも複雑化してしまった

最近ではインドのホテルチェーンがソフトバンクの支援を受けて始めた「OYO LIFE」が敷金・礼金・仲介手数料なしで、入退去がスマホ1つで完結するという画期的なサービスを開始して、話題になっている。

複雑でわかりにくい従来の賃貸契約に比べると明快で面白いが、賃料が高く、とくに長く住めば住むほど高くなる仕組みが選ばれるかどうか。また、賃貸居住者はホテルのような部屋に、モノを持たずに暮らしたい人ばかりでもなかろう。これ以外にもこれまでIT投資が少なく、労働生産性が低い上に高齢化が進む不動産業界を変えようと、多くのIT企業が参入を始めている。少しずつなりともわかりやすくはなっていくのだろう。

発想を変えないとイメージも変わらない

だが、ITで賃貸業界がわかりやすくなったら不動産屋さんのイメージが変わるかと言えば、残念ながら、それはどうだろう。右から左に情報を流すだけの仕事をし、収益が減った分をヨソで掠め取ろうという発想自体を変えなければ事態は変わらない。

幸いなことにごくごくわずかではあるが、それに気づき、徹底したサービスを提供したり、町に関わり必要な施設を生み出すことで本来の不動産業を行ったり、地域密着で地元の不動産問題に関与するといった面白い活動をしている不動産会社もあり、地道に業界は変わり始めている。

もう1つ、賃貸仲介は不動産会社不要でも可能なため、本来は「大家さん」と呼ばれる人たちが変わり、直接、入居者と契約を結べるようになればクリーンになるのだろうが、そちらは変わりそうにない。

過去にはいくつか、直接取引を可能にするサイトが登場したが、いずれも早々に撤退。現在も同様なサイトはあり、これまで以上に続いてはいるが、メインとなることはなかろう。だが、その中でもできる大家は自分で直接入居者を見つけるようになるなど、わずかながら変化の兆候は見られる。

複雑化しすぎていて、どこに清浄化への糸口があるか見えにくい業界ではあるが、動きは確実に起こりつつある。個人的にはこれほどに複雑で遅れている業界のほうがやりようはあり、面白い気もするが、どうだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。