専業主婦「徳永有美」がテレビに戻り見えた役割

「戦う=頑張って立ち向かって生きていく」

河崎:だからなのでしょうか、すごくスッキリした表情をされています。

徳永:何もないんです(笑)。隠すものが何もないんです、本当に。「こんな私でいかがでしょうか」ドン、って感じなので、はい(笑)。

戦う=立ち向かって生きていく

河崎:令和になるこのタイミングで、徳永さんのような女性がキャスターでいらっしゃるということに私はすごく勇気を感じております。

徳永:本当に……戦いです。いまの時代、戦いなんて言ってるとダサいかもしれないけれど、「戦う=頑張って立ち向かって生きていく」と捉えています。そうじゃないと生きていけないです……。

河崎:……最近何かはまっていることあります?

徳永:ないです(即答)。まったくないです。

河崎:それはやはり、もうそんな時間がないと……。ごめんなさい、甘ったれたこと言って(笑)。

徳永:あはは(笑)。むしろ、そういうのが必要なんだと思います。最近本当に楽しいのは、帰宅後に自分のオンエアチェックして、そのあとに他局の番組をチェックするのがいちばん楽しい時間です。

『オタク中年女子のすすめ~#40女よ大志を抱け』(プレジデント社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプしま

河崎:そうなんですか……それって仕事ですよね……。

徳永:他のニュース番組は報ステとはニュースの並びが違ったり、切り口が違ったり、コメントもスタジオの展開も違ったりするわけで、なるほどな、と。テレビ朝日のアナウンサー時代から、スタッフと一緒に取材に行って取材先でいろんな思いや経験をして、それをさらにスタッフとあれこれ議論して、番組を作っていく作業が自分は大好きなんです。

決して、1人ではできない。1人でできるわけがない。みんなで感化し合って、知恵を出し合って、いいモノを作り出したい。その思い1つで今、頑張っている気がします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。