仕事はできるのに「軽んじられる人」の話し方

相手との関係性を変えるたった1文字の違い

仕事ができるのに軽んじられる人は、見せたい自分とは違う印象を与える話し方をしているのかもしれません(写真:Fast&Slow/PIXTA)
仕事で結果は出しているはずなのに、なぜか相手から軽んじられている――。
そんなときは、あなたの言葉遣いが問題なのかもしれません。
大人の伝え方ノート』の著者であり、元NHKのキャスター、現在は長崎大学でスピーチやコミュニケーションについて教えている矢野香先生に、その原因を聞きました。

こんにちは、矢野香です。NHKでキャスターを務めたのち、現在は大学教員として心理学、主に、人から評価される話し方や、人の印象がどう決まるのか、などコミュニケーションについて研究しています。

たった1字でも、相手との関係性は変わってくる

人は相手の言葉や言い回しなどで、その人の品位や知性、信頼できるかどうかなどを無意識のうちに判断しています。

もしあなたが、「他人から軽んじられている」と思っているなら、何かコミュニケーションの仕方が、あなたが見せたい自分とは違う印象を与えるものになっている可能性があります。

例えば、次の2つの文章を見比べてください。

A 「コーヒーがいいです」
B 「コーヒーでいいです」

AとBの使い分けがわかりますか?

どちらのほうが、より積極性を感じるでしょうか? 

どちらのほうが、よりリーダーシップを感じるでしょうか?

大抵の人は「A」のほうに、より意思の強さを感じるはずです。コーヒー「で」というと、「考えるのが面倒だし、なんでもいいや」というおざなりな印象を与えてしまいます。

積極性を伝えたい場合は A「コーヒーがいいです」が正解です。

ただし複数人の場合は例外です。他の人が希望を伝えた最後に「で」を用います。「じゃ、私もコーヒーで」というとリーダーシップが印象づけられます。

こんなたった1字でも、相手の反応、ひいてはあなたとの関係性は変わってくるのです。

次ページ信頼できるかどうかは「文末」で決まる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT