義両親、実母の介護を経験した58歳女性の壮絶

育児と介護のダブルケアをどう乗り越えるか

母はデイサービスでリハビリに励み、歩けるところまで回復した。

だが2014年、骨粗鬆症が悪化。救急車で搬送され、そのまま入院。数日後、院内感染により熱発した。主治医は「薬が効きません。もう治療しなくてもいいですよね」と香川さんに訊ねる。

その頃妹たちは、母の介護に対する考え方の相違から疎遠になっていた。香川さんは「母の存在は自分たちの支えになっている」と思い、病院に交渉を試みる。

「院内感染は病院側の管理の問題です。『薬が効かない』『治療やめます』では納得がいきません」。すると病院側は、「できるだけの対処はしてみます」と応え、配分が難しいという薬を投与。母は持ち直し、退院することができた。

命を永らえさせ、かえって苦しませてしまった

ところがその約2週間後、様態が急変。再度入院して検査したところ、足の壊死が発覚。薬の副作用で糖尿病を発病していた。治療法はなく、「膝上から切断するしかない」と医師に告げられる。

「両足を切断して幸せかな。私なら切断してでも生きて、息子の成長を見ていたい。でも母は高齢で認知症もあり、自分では排泄も食べることもできなくなっていました。院内感染したときには、ここまで考えもしなかった。私のせいで命を永らえさせ、苦しませてしまったんです」

早く切断しないと身体中に毒素が回り、とても苦しい状態になる。妹たちに連絡しても返事はない。切断するかしないかの判断は、香川さん1人に委ねられた。

「私はその頃、片づけ支援サービスを提供するライフオーガナイザーの資格を取り、活動を始めていました。恥ずかしい話ですが、私は決断できないまま、生前整理の2級講座を受けに行ったんです」

香川さんが病院に戻ると、母は体中管だらけだった。足は切断されていない。その代わりに、痛みを緩和するモルヒネの投与や、水分や栄養を入れるための管につながれていたのだ。

母は約2カ月後、84歳で亡くなった。

香川さんは現在、片付けや生前整理のプロとして「大切なものを選ぶ片付け」を教え、「寄り添い片付けサポート」を提供している。

次ページ自分の心や過去を整理したかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。