「認知症」で別人格になった母を介護できますか

小学生の娘との関係も悪くなってしまった

東京で小学1年生の娘の子育てをしながら、東北の母を介護する「遠距離介護」を行っていた女性。ダブルケアを乗り越えるヒントとなったのは?(筆者撮影)
子育てと介護が同時期に発生する状態を「ダブルケア」という。ダブルケアについて調べていると、子育てと介護の負担が、親族の中の1人に集中しているケースが散見される。
なぜそのような偏りが起きるのだろう。
連載第4回は、東京で小学1年生の娘の子育てをしながら、東北の母親を介護する「遠距離介護」を行っていた女性の事例から、ダブルケアを乗り越えるヒントを探ってみたい。

母が双極性障害?

東京都在住の桜井幸子さん(仮名、44歳)は東北出身。結婚を機に15年前上京した。

父は桜井さんが20代の頃、50代半ばで亡くなっている。母は実家で姑を介護していたが、7年前に看取ってからは1人暮らしをしていた。桜井さんには2歳離れた妹がいたが、結婚や出産のことで仲たがいしたことを機に、母と妹は勘当状態。桜井さんは一度、妹の嫁ぎ先に行ったことがあるが、「もう来ないで」と言われたため、10年以上連絡を取っていない。

この連載の一覧はこちら

桜井さんは事務の仕事をしていたが、2008年に娘の出産を機に退職し、子育てに専念していた。そして2015年、小学校入学前の春に娘とともに帰省していた桜井さんは、年末年始以来会っていなかった母に違和感を覚えた。

「しきりにイライラしているし、料理が好きな人だったのに、『もう料理はしてないの』と言っていて、おかしいなと思いました。後から知ったのですが、母は自ら病院に行き、双極性障害(そううつ病)と診断されたようです」

桜井さんは1年ほど前から、母から毎日頻繁にかかってくる電話に悩まされていた。電話の内容は、はじめは他愛のない愚痴だったが、徐々に不安や気分の落ち込みを訴え始め、ときには泣きながらかけてくることもあった。

次ページ母に付き添って病院に行ってみると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT