体調最悪!ピンチの時の正しい水分補給法

二日酔いにインフルやノロウイルスにどう対処する?

インフルやノロの時の水分補給法

冬場に脱水症状を起こしやすいのは、飲酒だけではない。有識者が組織する「教えて!『かくれ脱水』委員会」の副委員長も務める谷口教授は、さらなる警鐘を鳴らす。

「インフルエンザやノロウイルスにかかっただけでは、命に影響はありません。それに伴う脱水症状が命を脅かすのです。発熱による発汗、嘔吐や下痢などで、どんどん体内の水分は放出されます。特にノロウイルスのように、嘔吐や下痢の症状があると、水分を控える傾向がある。嘔吐や下痢で出た分、水分を補うことが重要です」

吐き気に見舞われながら水分を口にすれば、すぐに吐き出してしまうことはある。飲みたくても飲めない。ところが、ノロウイルスで始まった吐き気は、3~6時間程度で一瞬、治まる時期が来るそうだ。飲めるチャンスを見逃さないことが肝心。また、吐き気の後に襲ってくる下痢は、嘔吐よりもさらに脱水症状に拍車をかける。しかし、水分を補給すると「下痢がひどくなりそう」と思うのは、決して珍しいことではない。それが落とし穴。

「体外へ放出した分だけ、水分補給をするのが理想です。世界保健機関(WHO)では、脱水症状を防ぐために電解質を含む『経口補水液』を推奨しています。一気に水分を補給するというより、少しずつ飲み続けるのが基本。何も口にせずに下痢だけの状態が続くと、小腸の働きも悪くなります」(同)。

小腸は食べ物を消化吸収する臓器だが、その粘膜には免疫をつかさどるリンパがたくさん点在する。小腸は人間の免疫力の7~8割をつかさどっているそうだ。何も口にせずに、小腸を長時間動かさないでいると、免疫の働きは悪くなり、回復にも影響するというからご用心。

「インフルエンザやノロウイルスのときには、経口補水液や重湯などで小腸を動かしていると回復が早い。吐き気や下痢の症状があっても、少しずつ水分補給などを心掛けていただきたいと思います」と、谷口教授はアドバイスする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。