広がるファーウェイ排除、取引停止企業の全貌

アルファベットからインテルやクアルコムも

 5月22日、トランプ米政権が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)との取引を原則禁じる制裁措置を打ち出したことで、半導体などハイテク業界で世界的にファーウェイとの取引を停止する動きが広がっている。写真はパリで2014年撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[22日 ロイター] - トランプ米政権が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との取引を原則禁じる制裁措置を打ち出したことで、半導体などハイテク業界で世界的にファーウェイとの取引を停止する動きが広がっている。

これまでに取引を停止した企業は以下の通り。

●アルファベット<GOOGL.O>

傘下のグーグルがファーウェイに対するハードウエア、ソフトウエア、技術的サービスの提供を停止した。いずれもオープンソースのライセンス形式で入手可能なものについては今後も提供を続ける。

●ルメンタム・ホールディングス<LITE.O>(光学部品)

ファーウェイへの出荷をすべて停止し、米政府の措置を完全に順守すると発表した。ルメンタムの最新の四半期売上高に占めるファーウェイの比率は18%。

●コルボ<QRVO.O>(半導体)

ファーウェイへの出荷停止で第1・四半期に5000万ドルの減収が生じるとの見通しを示した。1─3月期の売上高に占めるファーウェイの比率は15%。

●アナログ・デバイシズ<ADI.O>(半導体デバイス)

ビンセント・ロッシュ最高経営責任者(CEO)が当面はファーウェイに何も出荷しないと述べた。

●インファイ<IPHI.N>(半導体)

米政府の制裁措置を受けて第2・四半期の業績予想を引き下げた。2018年の売上高のうち14%をファーウェイが占めた。

●アーム(半導体設計)

米政府の制裁措置に従い、ファーウェイとの取引を停止した。

●パナソニック<6752.T>

日本経済新聞によると、米政府の制裁措置を受けてファーウェイとの当該取引の中止を決めた。パナソニックは「対象品は限られるため業績への影響はほとんどない」としている。

●米半導体メーカー各社

ブルームバーグによると、インテル<INTC.O>、クアルコム<QCOM.O>、ザイリンクス<XLNX.O>、ブロードコム<AVGO.O>の各社は従業員に対して、追って連絡のあるまで重要なソフトウエアや部品をファーウェイには提供しないと伝えた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?