富士フイルム「プロジェクター市場」参入のわけ

デジタルアートやプラネタリウムに商機

それ以外にもオフィスエントランスやショールーム、ショッピングセンターなどの商業施設、野外コンサート会場など、Z5000が想定している用途は幅広い。「今までプロジェクターが設置できなかった場所にも設置できるプロジェクターを開発した。諦めていた場所にも設置できるなら、これまで飽和していた市場も広がるはず」と飯田氏は力を込める。

実際、Z5000の機能は空間表現など大規模投影に特化している。壁からの距離が75センチしかなくても、100インチ(約2.5メートル)の巨大画面を投影でき、省スペース化に対応した。

さらに、天井や部屋の真ん中に置かなくても、例えばショールームで来訪者の目が届きにくい部屋の隅に設置し、映像を見せることのできるレンズシフト機能も盛り込んだ。

プロジェクターは光学系技術の集大成

プロジェクター初参入にもかかわらず高機能商品を投入できたのは光学系技術を培ってきたからでもある。光源から出る光を的確に反射させて映し出すために、Z5000は20枚以上のレンズを組み合わせている。的確に投影するためにガラスの高度な摩耗技術や細かな角度調整のノウハウが必要だが、富士フイルムにはカメラやテレビカメラレンズなどを手掛けてきた実績がある。「(Z5000には)カメラや映像など光学技術を培ってきた集大成が込められている」(飯田氏)。

気になるZ5000の値段は1機100万円弱。オフィス向けのプロジェクターの多くが5万~10万円であるのと比べても高価だ。発売直後の4月に「京都国際写真祭2019」で10台導入されるなど、少しずつだが実績を増やしている。「オフィスの会議室向けに販売しようと思っていない。販売先も施工業者や施設や機材の貸し出し業者などが中心だ」(飯田氏)との戦略は明確だ。

今後の目標は「累計の売上高を早期に100億円にする」(同社)。単純計算で約1万台を販売する必要があり、目標までの道のりはまだ遠い。「まずは製品のラインアップを増やし、細かな用途に応じて3機種程度を展開して拡大につなげたい」(飯田氏)。新たな用途を開拓できるかが焦点となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。