副業にも「嫁ブロック」夫の自由とはどこまでか

夫たちの前に立ちはだかる「給料の壁」

さらに言えば、「生涯100年時代」というキャッチフレーズにのって、働けるかぎりは働こうとする声も大きくなっています。都市部にある会社で働き、郊外に住む人々にとって「奴隷船乗り放題時代」の到来と言えるでしょう。

社会学者の重要な仕事の1つに、気の利いた皮肉を言うことがあります。社会で自明視されている〈現実〉に、多様な側面があることを見せるためです。

この場合であれば、満員電車の「異常さ」に気づいてもらうことが目的であり、決して日々まじめに働く人々をコケにしたいわけではありません。残念ながら、こうした気の利いた皮肉に対して、「バカにしているのか!」と反射的に怒ったり、否定したり人が少なくないのが現状です。

満員電車が「異常」であることを認められれば、次は、混雑解消に向けた議論を始められます。しかし、今の「普通」に固執し、「異常」という指摘を受け入れられなければ、満員電車はいつまでも「奴隷船並み」の密度で運行され続けるわけです。

相談者さんの話に戻すと、東京一極集中による満員電車の問題は、郊外に暮らし、そこに仕事もあれば個人レベルでは解決できます。きっと生活にも余裕がでてくるはずです。その点で相談者さんはとても恵まれています。

本業の勤務時間、もしくは残業を減らして副業をすれば、収入自体が減る可能性があり、 それで家族は心配されているのかと想像しますが、単に本業の収入の面だけではなく、従来の「普通」の男性の働き方とは大きく異なることも、不安の理由としてあることでしょう。

日本は「男は仕事、女は家庭」という性別役割分業を前提として回る社会です。キャリアの継続に際して、女性が結婚、妊娠、そして出産と次々に「壁」にぶつかるのに対して、男性は定年退職するまで働き続けるのが「普通」です。

1973年までの高度成長期は、サラリーマンと主婦の組み合わせが主流でしたが、1991年までの安定成長期は、男性だけの稼ぎでは食べていけなくなり、パートをする女性が増えました。そして、バブル崩壊以降から今日に至るまでの低成長期には、男性の給料がさらに低くなったので、結婚後もフルタイムで働く女性が多くなっています。

働き方にとらわれず自分の希望を伝えて話し合うべき

どの時代でも共通して既婚の男性に期待されているのは、定年までの間は絶対に働き続けることです。共働きは増えていますが、男女間ではフルタイムでさえ10:7程度の賃金格差があるので、経済的な大黒柱が途中で仕事を投げ出してしまえば、現代でも家族全体が生活できなくなってしまいます。職業の領域における女性差別が、男性の生き方をも大きく制限していることがわかります。

住まいの問題と同様に、性別役割分業を前提とした社会が変わらなくても、奥様に家族の生活を支えられる水準の安定した収入があれば、個々の家庭レベルでは男性に課せられた「普通」の働き方にとらわれる必要はなく、相談者さんが副業にチャレンジすることも可能です。

もしそうであれば、家族や奥様のご両親に反対されても、しっかり自分の希望を伝えて、話し合うべきです。ただし、大黒柱を交代できるだけの経済力が奥様にない場合、女性差別という社会問題の結果なわけですから、それを責めるのは酷だと言えます。お互いに歩み寄りが必要です。

次ページ「普通」という働き方とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT