副業が「会社にバレる人」と「バレない人」の大差

確定申告で「得をする副業者」がやってること

副業をしている人でも確定申告が必要!? 副業している人、必見の裏ワザも紹介(イラスト:『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』)
副業解禁の流れに乗り、空いた時間を利用して副業を始めるサラリーマンが増えています。会社員の場合、なかなか自分で「確定申告」をする機会がないかもしれませんが、副業で稼ぎがある場合は確定申告を毎年きちんと行う必要があります。知らずに脱税してしまうとペナルティが課せられたり、会社にバレてクビになるリスクも……。
そこで今回、フリーランス初心者で漫画家の若林杏樹さんが、税理士の大河内薫さんに税金にまつわるあれこれを学んでいく様子を描いた『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』から、「副業に必要な税金の知識」についてご紹介します。

サラリーマンで副業をしている方も、原則、確定申告は必要です。本業以外でバリバリ稼いでいるのに無申告のままでいると、ある日突然、税務調査が来て多額のペナルティーが発生する場合があります。

税務署は個人の口座を確認する術がありますし、今の時代SNSを通じてすぐに本人を特定できるため、副業の脱税は簡単にバレると思っておいたほうがいいでしょう。「確定申告」と聞いただけでアレルギー反応を起こす方もいるかもしれませんが、副業でも確定申告をしたほうが得になるケースもあります。具体的に見ていきましょう。

「副業」で確定申告が必要な人

副業で確定申告が必要な人は、主に次の2種類です。

1. 副業のアルバイトで給料を受け取っている人
2. アルバイト以外で副業の所得が年間20万円を超える人

年間20万円というのはあくまで「所得」なので、売上から経費を引いた利益が20万円以下になる場合は確定申告の必要はありません。ただし、「住宅ローン控除や医療費控除の適用のために確定申告する」というように、副業と別の理由で確定申告する場合は、副業利益が20万円以下でも申告書への記載が必須です。

税務署の趣旨としては「副業利益20万円以下ならお互い大変だし申告はいりませんよ。でも別の用事で申告するなら、ついでに副業の数字も載せてくださいね」という感じです。

(『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』より抜粋)
次ページ確定申告でもう1つ誤解しやすいのが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。