副業が「会社にバレる人」と「バレない人」の大差

確定申告で「得をする副業者」がやってること

ただしこれは副業を「事業所得」として申請した場合のお話で、「雑所得」の場合は相殺することができません。どんな副業でも事業所得として申請できるかというとそうではなく、認められるためには、継続的に事業をしているか?などのいろいろな条件があります。

著述家や作家以外の人が受け取る原稿料や印税、講演料などは「雑所得」に分類されることがあります。サラリーマンが空いた時間や休日などを利用して片手間で行う副業については、「雑所得」と判断されるケース多いです。

副業が会社にバレない裏ワザ

(『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』より抜粋)
次ページバレない鍵は「住民税」にアリ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT