副業が「会社にバレる人」と「バレない人」の大差

確定申告で「得をする副業者」がやってること

時代が副業解禁の流れにあるといっても、まだまだ「副業禁止」をうたっている企業もたくさんあります。会社に内緒で副業をしている方も多いでしょう。バレないためにはどんなことに気をつければいいでしょうか?

会社に副業のことがバレてしまう原因として、キーポイントなるのは「住民税」です。副業の所得に対しても住民税が課税されますが、何も気にせず副業の確定申告をすると、お給料に対する住民税と副業に対する住民税を合算した税額が会社に通知されます。すると「給料に対して住民税が高すぎる。さては副業をしているのでは?」となって、バレてしまうというわけです。

住民税の納付を「副業」と「本業」で分ける

それを防ぐためには、副業の稼ぎ分を確定申告する際、「給料から差引き」ではなく「自分で納付」の欄にチェックする必要があります。

(『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』より抜粋)

ただし、この欄は結構見落とされがちです。絶対にバレたくない人は、確定申告書を提出した後に市区町村役所に確認しましょう。

『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

所得税の確定申告書を提出した旨、役所に情報が伝わっているのを確認し、住民税の納付書を何としても副業と本業で分けてほしいとお願いするのです。とてもアナログな方法ですが、確率を高めるためにはこれしかありません。

しかし、それでもダメなときがあります。役所が忘れたり、確定申告書の内容によっては分けられないものもあったりします。

だから100%副業がバレない方法はありません。副業を始める際には、「バレたら転職や脱サラしてやる」くらいの覚悟を持ってやるほうがうまくいくだろうなぁと個人的には思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。