結婚23年、46歳で別れた妻が呆れた夫の超怠惰

仕事も探さずゲーム三昧、あげく狂言自殺も

そんなことが頻発し、家でも使い物にならないと判断した玲子さんは、簡単な作業ですら浩二さんに任せるのは完全に諦めた。生活費を工面するために、何年も、睡眠時間3時間で仕事に追われる日々が続いた。

「夫はとにかく1日中パソコンの前にいて、ブラウザ三国志ばっかりやってるんです。あまりに中毒的なので、『アカウントを消せ!』とキレたこともあります。一度アカウントを削除させたんです。でも、隠れてアカウントを作ってたみたいです。仕事の手を抜くし、命がけでサボろうとするその姿勢に、うんざりしました」

離婚のこともこれまでに何度か玲子さんの頭をよぎったが、娘にとって父親がいないのは不憫だろうと思うと、どうしても踏み切ることはできなかった。

意地でも働きたくない

転機となったのは、離婚の3年前に玲子さんの父親に、ステージ4の大腸がんが見つかったことだった。年も越せない可能性があると医師に言われて、実家と自宅を月に何回も往復することが多くなり、仕事が途切れるようになった。

玲子さんの仕事は完全にフリーのため、会社員と違って仕事量がダイレクトに収入に直結する。特に1馬力で生計を立てていたため、父親の世話に時間を取られるようになると、いよいよ家計が苦しくなってきた。

「『やっぱり働いてほしい』って夫に言ったんです。どう考えても、親の介護には時間もコストもかかる。夫が仕事をクビになったときは、私が死ぬ気で働いて、カバーしたんです。私がピンチな今度は、夫が頑張る番ですよね。しかも私が望んでいることは、どこでもいいから、正社員で働くという平凡な願いなんです」

浩二さんは、玲子さんが求人雑誌で見つけたパン工場でのパートタイムの仕事に就き、しぶしぶパンの製造ラインの仕事をするようになる。しかし、当然ながらパートのため、収入は微々たるものだった。

次ページタイムリミットは迫っていた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。