結婚23年、46歳で別れた妻が呆れた夫の超怠惰

仕事も探さずゲーム三昧、あげく狂言自殺も

タイムリミットは迫っていた。玲子さんは、その当時、大きな仕事を抱えており、それが終わったら、仕事が急激に減ることがわかっていた。そのため、浩二さんに絶対仕事を見つけてほしいと口を酸っぱくして言っていた。

離婚のきっかけは車のあおり運転

その矢先に、ある事件が起こった。

浩二さんの運転は普段から荒くて、玲子さんは以前からハラハラしていた。怖くて、悲鳴を上げてしまうほどにスピードを出し、ターゲットを見つけては、あおり運転を繰り返すのだ。浩二さんの運転でショッピングに出かけた際、あおり運転をした揚げ句、わざと急加速をつけて、他の車と危機一髪でぶつかりそうになった。玲子さんは心臓が止まるかと思った。

玲子さんが「なんでこんな運転するの!?」と問いただすと、「ここは突っ込まないといけないところやん! じゃないと相手にナメられる」と浩二さんは食い下がった。

「あなたの運転する車には怖くて乗れない、歩いて帰る」

そう告げると、浩二さんは突然「死んでやる!!」と絶叫して、車を発進させた。

「その後、私のスマホに、『今から車でガス自殺をする。今、ホースでガスを車の中に入れている。喉がガラガラしてきた』とメッセージが入ったんです。びっくりして、命に関わると思って、すぐに警察に通報しました。警察のIT捜査班に動いてもらって、GPSで場所を特定して何とか橋の欄干のところにいるのを確保してもらったんです。

後で車を調べたら、車やホースに臭いが残っていなかった。翌日、夫を精神科病院に連れていったら『こいつが大げさなんです』とお医者さんに言ったんです。だから自殺は狂言だったのではないかと思いました。

死ぬ死ぬ詐欺ですよね。あのときは本当にいろいろな人に迷惑をかけて、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。夫は究極の構ってちゃんだったんです」

結局、浩二さんは自殺の恐れありとして、そのまま措置入院となり、その後、離婚が成立。しかし、浩二さんに医師から病名がつくことは最後までなかった。

「今思うと、よっぽど働きたくなかったんだと思います。それしかあんな事件を引き起こす整合性が取れないんです。本当に自己中野郎だったと思いますよ。離婚できてよかったです」

現在、玲子さんは仕事を続けながら、娘と2人で幸せに暮らしている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。