結婚後豹変した妻に耐えきれず別れた男の告白

家事と育児と仕事に追われたあげくの決断

結婚後、年下の妻は豹変しました(写真:ナオ/PIXTA)
単純計算すると3組に1組の夫婦が離婚している日本。そこに至るまでの理由は多種多様だ。そもそも1組の男女が、どこでどうすれ違い、別れを選んだのか。それを選択した一人ひとりの人生をピックアップする本連載の第14回。

「結婚生活と離婚のストレスで、精神疾患になりました。自律神経失調症、不眠症、うつ、高血圧……。ストレスで血圧が230まで上がってたんです。子どもと会えなくなってから、寝られなかったし、ボロボロになっちゃいました。別居して、3カ月くらいがいちばんつらくて、毎日死ぬ場所を探しましたね」

この連載の一覧はこちら

50代男性の永沼晴之さん(仮名)はそう言ってうなだれた。

晴之さんが、年下のひとみさん(仮名)と付き合うようになったのは、30代後半だった。当初、結婚願望はなかった晴之さんだったが、ひとみさんの猛アタックを受けてスピード結婚した。

当時の晴之さんは自営業者で経営は順調だった。結婚後は子どももできた。

マイホームを建てた頃から、妻が豹変…

ひとみさんの様子がおかしくなったのは、マイホームを建てた頃からだった。

ひとみさんが収入の安定した職に就いていたことから、態度が一変した。ひとみさんは経済力を盾に、晴之さんを奴隷のように扱うようになった。ひとみさんは一家の主という立場を振りかざし、暴君さながらへと変貌した。

次ページ子どもたちの面倒や家事はすべて晴之さんの仕事に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT