結婚後豹変した妻に耐えきれず別れた男の告白

家事と育児と仕事に追われたあげくの決断

結婚当初は、晴之さんのほうが収入が高かった。しかし、ひとみさんが出産して、職場復帰してからは、子どもたちの面倒や食事作りは、すべて自営業である晴之さんの仕事となった。

稼ぎ時である土日も、子どもたちの習い事で遠方まで送り迎えをしなくてはならず、晴之さんは実質パート主婦のような状態へと変わっていった。エリートサラリーマンと遜色なかった高収入が激減した。

ひとみさんは「この家は私が建てたんだから、この家のルールは私が決める」と言い放った。マイホームの部屋の割り振りでも、ひとみさんが主導権を握った。

「あんたが日当たりのいい部屋なんて、ありえないでしょ! あんたは北向きの4畳半で十分」と晴之さんに冷たい視線を送った。

そう言われて、晴之さんはうなだれるしかなかった。結局、晴之さんに与えられたのは子ども部屋よりも小さい、日の当たらない監獄のような4畳半だった。

「僕の部屋だけは、なぜだか4畳半なんです。昔、夫婦で使っていたクイーンサイズのベッドがあるので、それを入れるとめちゃくちゃ狭いんですよ。だから、黙ってロフトを作りました。3畳半のロフトをね」

「気持ち悪い」と言われて、セックスレスにもなり、お互いの居室も別になった。

「モラハラされると慣れちゃうんですよ」

晴之さんは、日々家事と育児と仕事に追われる日々だった。しかし、ある日、食卓に着こうとすると、「片づけがまだじゃないか! 稼いでないお前は食事を食べるな。料理人は片付けして、初めて料理人なんだ」と言われた。

「えっ、俺は料理人じゃないけど」と反論したら、ハッと鼻で笑われた。

「それで洗い物を必死に済ませて食卓についたら、『おいしかったから全部食べた』と何も残っていなかったんです。もうこの日から、僕は夕食を食べてはダメということになりました。異常だと思われるかもしれませんが、モラハラされてると、それに慣れちゃうんですよ。諦めて受け入れちゃう。お腹は空くけど、慣れちゃいましたね」

次ページ「出て行け!」と怒鳴られて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。