NISA口座を使うなら、暴落まで待て!

売買しながら、2014年の相場を予測してみた

【12月26日(木)】NYダウは、クリスマスの祝日で休場。日経平均は164円高の1万6174円と7日続伸。節税対策売りが終わって、上値が軽くなったのだろうか?

【12月27日(金)】NYダウは、122ドル高の1万6479ドルと6日続伸で過去最高値更新。6日続伸は3月1日から14日まで10日続伸以来、9カ月半ぶり。10時、1ドル=105円台と円安進む。5年2カ月ぶりの円安水準。厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率は、6年1カ月ぶりに1.00倍(前月比0.02ポイント上昇)と景気回復を映す。日経平均は、取引時間中は前日比マイナス圏で推移していたが、大引けでは4.5円高の1万6178円と、3月11日以来の8日続伸で引けた。

【12月28日(土)】NYダウは、1ドル安の1万6478ドルと7日ぶり続落。利益確定売り広がる。1ドル=105円15銭、1ユーロ=144円45銭で引けた。

【12月30日(月)】大納会。優待保有目的のマルハニチロホールディングス(1334)が、グループ会社のアクリフーズの冷凍食品のピザやコロッケの一部4品目に農薬混入で630万袋回収(販売額で13億円相当)と報道。10円安の178円で寄り付き(11月8日に178円で4000株買っている)、そこが安値となり、意外にも悪材料は一瞬で織り込んでしまった。終値は183円の5円安。今期の売り上げ予想は、8450億円なので13億円は0.15%と微々たるものと判断されたのだろう。早く原因を明らかにして、安心して食べられるようになってほしい。

不動産REITが大幅高。12月10日に公募価格(7万0785円)で50口買った平和不動産リート投資法人(8966)は、4400円高(+5.74%)の8万1000円。予想どおり、NISA銘柄で、早くも高配当銘柄が買われ始めた。日経平均は9連騰の112円高の1万6291円と、高値引け&年初来高値更新で2013年大納会を締めくくった。まさに「掉尾の一振(とうびのいっしん)」。7年ぶりの高値だそうだ。

2012年12月28日の大納会の日経平均は、1万0395円だったので、56.7%(41年ぶりの上昇率)の大幅上昇となった。また、為替相場は、対ドルで円が34年ぶりの下落率となり、株価を押し上げる原因となった。

【12月31日(火)】NYダウは25ドル高の1万6504ドルと過去最高値を更新して引けた。NYダウは、年間では、26.5%高で18年ぶりの伸び率だそうだ。

次ページNISA口座の賢い使い方、教えます
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT