イオンリートはどれだけ魅力的なのか?

小売り大手として初の自社REITを上場へ

旗艦物件のレイクタウンもイオンリートに組み込まれる見込み

小売り大手のイオンが進める自社REIT(不動産投資信託)の上場計画。年内の上場を目指していると見られ、その詳細が少しずつ明らかになってきた。

イオンは10月2日、グループで保有する商業施設をREITの資産運用会社に譲渡することを発表した。譲渡先は2012年11月に設立されたイオンリート投資法人。対象施設はイオンリテールから9物件、イオンモールから6物件、イオンマレーシアから1物件の合計16物件で、譲渡額は1420億円に上る。

国内15物件は、グループの旗艦店舗であるレイクタウン(埼玉県越谷市)を筆頭に、北はイオンモール盛岡(岩手県盛岡市)から南はイオンモール熊本(熊本県上益城郡)まで、全国各地にほぼ万遍なく分布する格好になっている。

イオンにとってREITを組成するメリットは、従来よりも資金調達の方法が多様化されること。これまで同社は日本リテールファンド、フロンティアなど商業施設系の4投資法人に物件を売却しており、物件数は27、調達額は3800億円近くに達している。

次ページ優良物件は多い?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT