ダイエー赤字も、イオン効果で金利負担軽減

店舗投資の再開が可能に

中間決算は減損が響き144億円の最終赤字。黒字化のメドはいつか。

引き続きダイエーの販売不振は目を覆わんばかりだ。3日に発表された2014年2月期第2四半期決算によれば、同期の既存店売上高は前年同期比1%減となり、前期後半の不採算店閉鎖の影響もあり売上高は2.6%減収、また商品値下げに伴う粗利益率の低下から営業損益は41億円の赤字となった。さらに最終損益も老朽店舗の建て替え費用の前倒し計上や店舗の減損損失の計上から144億円の赤字となった。

8月にTOB(株式公開買い付け)を通じ、イオンの子会社となったダイエーだが、村井正平社長は「全く準備なく単に身(利益)を削って値下げを行ってきた。最終利益の黒字化は早くて来15年2月期」と話す。また「営業利益は今期黒字化したい」とするが、計画営業利益10億円の達成は極めて微妙と言える状況だ。

次ページ厳しかった銀行団の姿勢
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。