不動産動き出す!

アベノミクス効果から不動産市場の回復が鮮明に

安倍晋三政権発足から1年強。日本の不動産が再び世界で脚光を浴びている。「今や世界中のファンド運用者にとって日本ほど魅力的な投資対象はない」と、大手外資系投資ファンドの幹部は話す。

2006~07年の不動産ミニバブル時に一斉に日本買いをした外資系ファンドは、リーマンショックで多くが撤退。その後、不動産市場は低迷が続いていたが、12年秋からの株高に伴って、不動産市場もじわりと回復の兆しを見せてきた。13年7月時点の都道府県地価調査(基準地価)では、東京など三大都市圏の地価が5年ぶりに上昇に転じた。

海外の投資マネーも変化の潮目を敏感に感じ取った。主要国の金融緩和で世界の投資マネーは理想的な投資先を探しているが「欧州には債務問題がくすぶり、米国の不動産市場は価格上昇が鈍っている。一方、アジアは政変不安や不動産価格高騰などの問題がある」(みずほ証券チーフ不動産アナリストの石澤卓志氏)。

次ページオフィスは反転の兆し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT