不動産動き出す!

アベノミクス効果から不動産市場の回復が鮮明に

安倍晋三政権発足から1年強。日本の不動産が再び世界で脚光を浴びている。「今や世界中のファンド運用者にとって日本ほど魅力的な投資対象はない」と、大手外資系投資ファンドの幹部は話す。

2006~07年の不動産ミニバブル時に一斉に日本買いをした外資系ファンドは、リーマンショックで多くが撤退。その後、不動産市場は低迷が続いていたが、12年秋からの株高に伴って、不動産市場もじわりと回復の兆しを見せてきた。13年7月時点の都道府県地価調査(基準地価)では、東京など三大都市圏の地価が5年ぶりに上昇に転じた。

海外の投資マネーも変化の潮目を敏感に感じ取った。主要国の金融緩和で世界の投資マネーは理想的な投資先を探しているが「欧州には債務問題がくすぶり、米国の不動産市場は価格上昇が鈍っている。一方、アジアは政変不安や不動産価格高騰などの問題がある」(みずほ証券チーフ不動産アナリストの石澤卓志氏)。

次ページオフィスは反転の兆し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。