悪材料は買い!リソー教育に約7000万投資

「ギソー教育」や、「リソー今日逝く」とは言わせない

久し振りにREIT(リート)に投資してみた筆者。このあと、チャンスと見て果敢に打って出た(撮影:尾形 文繁)
投資家へのクリスマスプレゼント、というわけではないだろうが、ついに、約7カ月ぶりに年初来高値を更新した日経平均株価。さて、カリスマ投資家の内田衛氏は、その直前の約2週間、どんな取引をしていたのだろうか。株日記で振り返ってみよう。

ついに師走相場突入だ

【12月9日(月)】日経平均株価は、350円高の1万5650円と大幅続伸。16時半、1ドル=103円08銭、1ユーロ=141円19銭。師走相場開始?

【12月10日(火)】NYダウは5ドル高の1万6025ドルと、緩和縮小警戒で伸び悩む。平和不動産リート投資法人(8966)を公募価格の1口7万0785円で50口買う。

リートは、今年6月25日に野村不動産オフィスファンド投資法人(8959)を公募で25口買ったのが初めてで、今回は2回目のリートへの投資。初めて買ったリートは、9月30日に全部売っている。

この連載の一覧はコチラ

実は、このリートは初めから申し込んでいたのではなく、その前に新規上場の足利ホールディングス(7167)を1万株申し込んでいたのだが、申し込みが期日の最終日だったためか、1株も取れなかった。それで、その代わりに担当者が勧めてくれたものだった。利回りも4%半ばなので、来年NISAがスタートし、高配当利回り銘柄を組み入れるような動きがあれば、買われる場面もあるかと思って購入を決めた。

【12月11日(水)】NYダウは52ドル安の1万5973ドル。NY原油、時間外で6週間ぶり高値近辺(API在庫2週連続減)。日経平均は96円安の1万5515円と続落。

次ページNYダウはいったん1カ月ぶりの安値に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。