2014年の日本株は上がる?それとも下がる?

インフレを真剣に考えた人が勝つ!

 日経平均株価は12月に入り、1万6000円が狙える展開になりました。アベノミクスに沸いた2013年の日本株市場。2014年もその勢いが続くのか、それとも失速するのか。14年の株式市場について、草食投資隊が徹底討論します。
アベノミクス効果で、ホテルはかなり盛況のようだ(ウェスティンホテル東京、撮影:今井 康一)

現実問題として、日経平均3万円は無理だが……

中野 2013年も残りわずかですね~。今年は日本株が堅調でしたが、来年はどうなるとみていますか。

藤野 2014年の日本株は、2013年ほどよくはないけれども、悪くはないとみています。まあ、この時期になると、私どもの師匠筋である某運用会社の会長は日経平均株価で3万円、4万円などと言い始めますが(笑)、アホノミクスなどというネガティブ発言に比べれば、明るい話で新年を迎えたほうがはるかにいい。

中野 3万円、行きますか。

藤野 現実問題として3万円、4万円は無理でしょう。12月3日につけた高値は1万5794円。5月23日につけた1万5942円まであと一歩のところまで来ています。アベノミクスがスタートする直前の8619円から見れば80%超の上昇率ですから、もう一度、アベノミクスをやれば、3万円近くまで上昇します。

次ページ現実的なところは……?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT