2014年の日本株は上がる?それとも下がる?

インフレを真剣に考えた人が勝つ!

 日経平均株価は12月に入り、1万6000円が狙える展開になりました。アベノミクスに沸いた2013年の日本株市場。2014年もその勢いが続くのか、それとも失速するのか。14年の株式市場について、草食投資隊が徹底討論します。
アベノミクス効果で、ホテルはかなり盛況のようだ(ウェスティンホテル東京、撮影:今井 康一)

現実問題として、日経平均3万円は無理だが……

中野 2013年も残りわずかですね~。今年は日本株が堅調でしたが、来年はどうなるとみていますか。

藤野 2014年の日本株は、2013年ほどよくはないけれども、悪くはないとみています。まあ、この時期になると、私どもの師匠筋である某運用会社の会長は日経平均株価で3万円、4万円などと言い始めますが(笑)、アホノミクスなどというネガティブ発言に比べれば、明るい話で新年を迎えたほうがはるかにいい。

中野 3万円、行きますか。

藤野 現実問題として3万円、4万円は無理でしょう。12月3日につけた高値は1万5794円。5月23日につけた1万5942円まであと一歩のところまで来ています。アベノミクスがスタートする直前の8619円から見れば80%超の上昇率ですから、もう一度、アベノミクスをやれば、3万円近くまで上昇します。

次ページ現実的なところは……?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。