本当にドルは買い? 米国は大丈夫?

リーマンショックの次は、年明けお茶会ショック?

 米国では、会計年度暫定予算と債務上限引き上げ法案が可決せず、政府機能が一部停止しました。その後、なんとか折り合いをつけたものの、年明け後、ほどなくすれば、またまた債務上限引き上げをめぐる攻防が行われます。米国って、本当に大丈夫?
内国歳入庁の監査に関して、抗議集会を開いたティーパーティ(今年6月)。一部の保守系団体が不当に厳しく審査され、一時はオバマ大統領の関与まで取り沙汰された(AP/アフロ)

中野 今回の一連の出来事を見ると、米国経済にとって財政問題は大きなネックになりますね。

藤野 相変わらずお茶会(ティーパーティ)の連中が大活躍なんだけど、共和党支持者のうち半分はお茶会とも言われているだけに、この勢力を無視するわけにはいかない。結果、暫定予算の成立や債務上限引き上げ法案の可決をめぐる議論で彼らの声が大きくなり、なかなか可決せず、今回のように政府機能が一部停止という事態に追い込まれてしまう。やっかいですね。

お茶会って言うと、かわいいが……

中野 お茶会って言うと、かわいいですね。

渋澤 ティーパーティというのは、言うなれば米国の原点というか、米国原理主義者みたいなものですね。米国の人たちって、自分が属する行政単位は州がベースで、連邦政府に対する帰属意識が希薄だから、連邦政府から何かモノを言われたり、必要以上の税金を課せられたりするのを何よりも嫌います。ところがオバマ大統領は、「オバマケア」という国民皆保険制度を定着させようとしています。

次ページティーパーティ=「ムズイ人」と考えるのは浅い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。