本当にドルは買い? 米国は大丈夫?

リーマンショックの次は、年明けお茶会ショック?

 米国では、会計年度暫定予算と債務上限引き上げ法案が可決せず、政府機能が一部停止しました。その後、なんとか折り合いをつけたものの、年明け後、ほどなくすれば、またまた債務上限引き上げをめぐる攻防が行われます。米国って、本当に大丈夫?
内国歳入庁の監査に関して、抗議集会を開いたティーパーティ(今年6月)。一部の保守系団体が不当に厳しく審査され、一時はオバマ大統領の関与まで取り沙汰された(AP/アフロ)

中野 今回の一連の出来事を見ると、米国経済にとって財政問題は大きなネックになりますね。

藤野 相変わらずお茶会(ティーパーティ)の連中が大活躍なんだけど、共和党支持者のうち半分はお茶会とも言われているだけに、この勢力を無視するわけにはいかない。結果、暫定予算の成立や債務上限引き上げ法案の可決をめぐる議論で彼らの声が大きくなり、なかなか可決せず、今回のように政府機能が一部停止という事態に追い込まれてしまう。やっかいですね。

お茶会って言うと、かわいいが……

中野 お茶会って言うと、かわいいですね。

渋澤 ティーパーティというのは、言うなれば米国の原点というか、米国原理主義者みたいなものですね。米国の人たちって、自分が属する行政単位は州がベースで、連邦政府に対する帰属意識が希薄だから、連邦政府から何かモノを言われたり、必要以上の税金を課せられたりするのを何よりも嫌います。ところがオバマ大統領は、「オバマケア」という国民皆保険制度を定着させようとしています。

次ページティーパーティ=「ムズイ人」と考えるのは浅い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。