2014年の日本株は上がる?それとも下がる?

インフレを真剣に考えた人が勝つ!

中野 デフレが長引いた中で、多くの企業は労働生産性を上げるために、いろいろな絞り込みをしましたよね。今の日本企業は本当に筋肉質ですよ。それもデフレの中で皆、本当に苦労してリストラなどに励んだ結果ですが、その効果が出てきたところで、日本経済はインフレに転じようとしている。そうなると、デフレ下で行ってきた努力が、今度は企業にとって負の効果をもたらすことになる。長期にわたってデフレが続いてきた日本ならではのリスクですね。

デフレ経済のときとは違った視点での銘柄選択が必要

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

藤野 デフレ経済の下だと、企業はとにかく収益さえ上がればいいという発想になりがちなので、多少ブラックな面があっても、それには目をつぶって、とにかく売り上げを立てることに注力する傾向が強まるのですが、インフレになると、その発想は通用しなくなります。物価の上昇によって、売り上げそのものは増えるわけですから、やみくもに収益を上げることよりも、その会社で働く意欲や意義などが大事になってきます。

それに応えられる企業には人が集まりますし、結果的に収益機会を得ることができます。だから、インフレ経済の下では、デフレ経済のときとは違った視点で、銘柄を選ぶ必要があります。

渋澤 2014年の株式市場は、企業の選別色が強まることになりそうですね。 

中野 デフレ思考が残っている経営者にとっては試練の年かもしれません。

藤野 その意味で、日本株に関しては、アクティブ運用が注目される1年になるかもしれませんよ。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT